フォアフットはハンコと同じ!ハンコが擦れないようにするのとフォアフット着地との共通点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ハンコは擦れてしまうと困ります。

フォアフット着地も擦れると困るんです。

故障に繋がるし、

足疲れるし、

遅くなるし、

フォアフットの意味ないし。

ハンコを押すのと足の着地が同じなんです。


フォアフットの良さ


フォアフットの良さは、

スピードが出る

これに尽きます。

マラソンをする人にとって完走は

一つの目的ですが、

一度完走したり、

体に不調がなければ、

前回の記録を更新するのが次の目標になります。

前回の記録よりも速く走るために

フォアフット着地を取り入れることが

有効な対策になります。

フォアフット用マラソンシューズ アシックスでは?


本当のフォアフット着地に負担は無い?


フォアフット着地をすると足を故障するといったことを耳にします。

でも、本当のフォアフット着地は負担というよりも筋肉のバネを使ってフワフワした感じになります。

ザ、ニュートラルって感じ。

自分と風が一体となり、空間を滑っている感覚ですね!


足のスネの筋肉がはってくる人はフォアフットではなくて爪先走りをしてる


フォアフットで走ると足のスネの筋肉が痛いという人がいますが、

それ、たぶんつま先走りでしょ?

「つま先走りって?」

小さい子につま先で走ってごらんと言うと、

足首の角度を筋肉の動きで固定して走る。

そうすると筋肉に負担がかかります。

それでは長く走ることはできません。

フォアフット着地は足首の筋肉に力を入れるのではなく、

逆に足首の力を抜くのです。

他の記事でも書いてるので詳しくは過去記事を参考にしてみてください。

さあ、いよいよハンコとフォアフットの真髄ですね。


ハンコの動きとフォアフット


次の画像で説明をしていきますね。

フォアフットって筋肉のゴムの作用を使うんです。

それがわこるようにイラスト描きました。

まずはヒールストライクの足の動きをハンコに例えます。

ヒールストライクのように足を前に出す走り方をしているとうまくフォアフットできません。

足を前に出すのではなく、

足は膝を上に上げるのです。

この膝を上げる。

そして、

足を真下に下ろす感覚を大切にしてくださいねー

フォアフット用マラソンシューズ

フォアフット用マラソンシューズ アシックスでは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。