マラソンのトレーニングシューズで最高のコスパを誇るのはコレだ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

月間走行距離が300キロを越えてくると、

どうしてもシューズの痛みが早い。

痛むのを抑えるために走行距離を減らすことなんて まっぴらゴメンなのでどうしてもシューズへの投資額が上がってしまう。

そんなガチでマラソンを頑張るランナーに朗報です。

やっぱりこのシューズが良しですわー

しかも、マイナーチェンジがされており、前のものよりもカッコよくなっています!


コスパ最強トレーニングシューズは?


早速本題に入りましょう。

速く走れて、耐久性も他のシューズよりも良くて、

しかも値段が普通のマラソンシューズの半額ほどなら最高じゃないですか?

「そんなシューズあったら買うわ!」

あるんです。

それが、

ライトレーサー

アシックスの上中級者向けのランクになります。

ライトレーサーがどれだけ安くなっているか確認!

オーソドックスな見た目。

さすがアシックス。

昭和を感じさせます。

平成を感じさせたナイキとは時代感が違いますね。

アシックスは物がいいんですが、

見た目がイマイチ!

これは昔から。

でも、トレーニングシューズにオシャレ感は求めません。

やっぱり、機能ですよね。

まずはこのヒールの部分に書かれている

フライトフォーム

この素材はアシックスの最近のシューズに搭載されているかなり軽い素材。

クッション性もよくこのシリーズのシューズで故障はゼロです。

月間走行距離400キロをこえるのが前シーズンでした。

でも、故障ゼロ。

これはほんまにありがたい!

ラバーは?

靴の底に貼られているラバーはエーハープラスっていう素材。

アハーって読みそうですけど、

エーハーらしいっす!

私はずっとアハーって呼んでました。

このエーハーは炭素の量を独自の配合にしてるらしく耐摩耗性が高い!

フォアフット部分は?

私はフォアフット着地に転向したので、

この部分は気になるんですよねー

しかも1番最初に地面に着地するのはフォアフットでも外側。

外側がどうしても擦り減る。

今回のマイナーチェンジされた新しいライトレーサーは外側が補強されてるんですよー

もうアシックスったら、

僕の走りを見て、

最高のトレーニングシューズを作ってくれるなんて!

僕、カンゲキ!

(レースシューズはズームフライなんですけどね、、、汗、、、、ゴメン。アシックス。)

ヒール部分の底の様子!

外側に!

ヒール部分を見ると、

外側の面積が広い。

ほとんどのランナーが外側でファースト着地しますからね。

シューズの上部は?

シューズの上部はオニツカタイガーチックなデザイン。

東京オリンピックを意識してるのかな。

いたって普通。

カカトは?

カカト部分はシームレスになってる!

しかも足の擦れが起こりにくそう。

これもマイナーチェンジでかわったなー

厚みもあるしいいです。

このライトレーサー。

デザインは並ですが、

ものはメチャいいです。

コスパ最強。

トレーニングシューズとしてこれ以上の高コスパシューズは無い!

みなさん、買いましょう。

ナイキやアディダスもニューバランスも確かにいい。

でも、日本企業を今は応援する時。

アシックスの製品を買って日本企業にエールを!

ライトレーサーがどれだけ安くなっているか確認!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。