手動家庭用芝刈り機の調整の仕方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

そろそろ芝生が伸び始める季節になりました。

芝刈り機は手動と電動がありますが、

お値段が安いのは手動の芝刈り機。

電動は少し値が張ります。

手動の家庭用芝刈り機は使う前に調整が必要になります。

今日は家庭用芝刈り機の調整の方法についてお話します。


調整するには!


調整するにはネジを回します。

しかも、二つともです。

ここのネジを時計回りに回すとしまります。

二つともしめると、

歯はまったく動きません。

少しづつ緩めていくと音がなりますが、回り始めます。

そこからさらにネジを緩めると少しだけ金属音がします。

少しだけ金属音がするのがちょうどいいという判断材料になります。

全く音がしない状態は上手く芝が刈れないので音がしない場合はもう一度ネジをしめ直して

そこからネジを緩めていくことをやり直してください。


手動の芝刈り機のメリット


手動の芝刈り機のメリットは、

値段が安いことです。

また、立ったままで刈ることができるので、

腰が痛くならないことも良さの一つです。


手動芝刈り機のデメリット


手動の芝刈り機は建物と芝のキワを刈りにくいというのがデメリットです。

このデメリットは購入を考える際には大きな要因です。

キワを刈らないと見た目は良くならないので、キワを刈る必要はあります。

このキワを手動の芝刈り機では刈れないので植木バサミや電動バリカンで刈る必要が出てきます。

この作業はしゃがんで行うので、

キワまで刈れるといいのになと毎回思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。