新型コロナウィルスの自粛中に取り入れるべきランニング以外の運動習慣がこれだ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

新型コロナウィルス拡大防止のための自粛が続いています。

フットサルなどの集団で行う競技やバスケットボールや卓球などの室内競技もできない状況です。

しかし、ランニングは1人で実施することは可能なようで助かっております。

走るコースや時間帯には気をつけて濃厚接触にならないように配慮する必要がありますけどね。

これで走れないとなるとただのデブになっちゃいますからね。

絶対にそれだけは嫌だ!

私は小学校時代に肥満児だったんです。

その時の嫌だったこと。

まず動きにくい。

あと、着る服もスウェットなどの締め付けがないものだけになるし。

容姿のせいかはわからないけどなんか自信も持てなかったのよね。

そんな経験からもおデブになるのは嫌だ!

でも、食べるのは大好き。

栄養学の観点から言っても、

食べることは重要。

でも運動量が落ちると困ります。

運動量が落ちると筋肉量も減るし、

血液中の中性脂肪も使われないので、

そのまま体内にたまり

皮下脂肪や内臓脂肪へと収納されていくことになります。

皮下脂肪と内臓脂肪への収納を防ぐ唯一の方法が運動。

ランニングはとてもいい運動なんですね。

ただし、今の運動量は自粛で外出が減っているため運動量も減っています。

なので、ランニングの量が同じだと太る方に傾いちゃうんですね。

でも、なるべく外でのでの活動時間は増やしたくない。

そんな今の現状にぴったりなのがこれ!

ヨガ・ダンス

室内でできる。

しかも広くなくても大丈夫。

人が寝転ぶスペースがあればOKです。

料金はタダ。

ジムに通う必要もヨガ教室に通う必要もありません。

かなり手軽です。

ヨガに必要なグッズは?

ダンス

20分ほどダンスをしてみました。

ダンスをしてみて驚きました。

ガーミンの歩数が4000歩を記録しているのです。

キロで見るとざっと4キロぐらいのランニングと一緒ですね。

ダンスは他にも効果があって全身運動なので

体力や身体の機能がアップするんです。

次の日のランニングの速さがアップしていたのには驚きました。

あまり走るトレーニングが充実していないのにジョギング感覚でレースペース。

なんだこれ?って感じです。

しかしたら、ダンサーって走るの速いかも?

タイムトライヤルをするよりもダンスの練習を入れることもいいかもしれません。

ヨガ

ヨガは走るためのプラスになるかはわかりませんが、

走るときのフォーム改善には効果があります特に股関節の柔軟性はとても重要ですね。

また、ヨガは気持ちがいいんです。

ステレッチをすることで血行が良くなる感じがします。

ヨガやダンスををユーチューブなどの動画アプリやDVDを使って行うといいですよ。

ダンスDVDってどんなのがあるの?

ダンスDVDってどんなのがあるの?

特に家族で行うと子供達の運動不足改善に役立ちます。

オススメのDVDはこれ!

体幹トレーニング・筋トレ

体幹トレーニング

体幹トレーニングは毎日の日課にしているランナーの方が多いと思います。

ランナーだけでなく、サッカーの長友選手が本を出して世に知られましたし、

今ではミニバスの練習に取り入れられたりするほど裾野は広がっています。

体幹トレーニングの良いところは遅筋の発達に役立つんですね。

インナーマッスルも鍛えられます。

筋トレと違って身長が伸びるのを邪魔することが少ないんです。

また、筋トレは速筋を発達させるので筋繊維が肥大します。

筋肉は脂肪よりも比重が大きいので重くなります。

筋トレをすると体重は増えるんです。

マラソンランナーにとっては体重増加は気になるところなので、

体重増加の心配がない体幹トレーニングはとてもいいですね。

体幹トレーニングの本

筋トレ

筋トレは新型コロナウィルス拡大を防ぐための自粛が始まってから

多くの方が取り入れています。

プッシュアップチャレンジも耳にされた人もいるのではないかと思います。

筋肉をつけると筋肉の分だけ代謝が上がります。

筋肉を付ければ太りにくい体になります。

体重は増えますが、見た目のいい体になります。

見た目だけでなく、

スピードが上がったり、できる運動範囲や運動能力が向上するんですね。

とってもいいでしょ!

しかも、筋肉をつけると鬱にもなりにくい。

これは糖質を筋肉が消費するためにグルコーススパイクを起こしにくくなるためです。

確かに、ムキムキなのに「もう元気が出なくてー」って言ってる人見たことないでしょ?

自重トレーニングのDVDはこれ!


自重トレーニング グッズってこんなの

ピンチはチャンスです。

コロナを機会に新しい自分の身体づくりの習慣を取り入れてみましょう。

とりあえず新型コロナウィルス拡大防止の自粛期間だけの期間限定で取り入れてみましょう。

気に入ればアフターコロナでも続けてみるのもどうでしょうか。

とりあえず私は取り入れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。