新型コロナウィルスの経済対策は現金給付が絶対だ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

新型コロナウィルスで政府は現金給付をためらっている。

その理由が「貯蓄にまわる」から、

そりゃあ、もらった瞬間旅行に行くやつはいない。

もらった瞬間全額飲食に使うやつはいない。

給料が銀行振込なんだから、

口座にお金が入る。

使わなければ、貯蓄に見えるけど、それは違うと思う。

お金は大切。

自分や家族の命をまずは守る

次に生活、

生活といっても食べるとかではなく、

学校への徴収金や通学の定期代。

パートの交通費。

とりあえず、交通費や徴収金に割引券なんてないからね。

それが満たされて、はじめて楽しみにお金がまわる。

習い事、スポーツ、趣味。

今はスポーツジムも閉まってたりするし、

体育館も使えない。

一人でする趣味もあるけど、

ほとんどは人が集まる。

映画とかね。

旅行だけにスポットが当たってることに違和感がある。

観光系の企業から献金もらってるの?

イベント会社からは献金ないからあまり手厚くないの?

お肉券とかお魚券。

食肉業界や漁業組合からなんかもらってんのかな?

竹輪の券とか豆腐とかは券出るんかな?

どんなものも平等に扱えるのが現金ちゃいますか?

もしくは、

減税しちゃう。

所得税、地方税、消費税。

でも、消費税はしないって!

だって消費税は財務省が自由に使えるからー

消費税は子供でも、高齢者でも、富裕層でも、生活保護受給者でも該当する税金。

なら、同じように一人一律いくらって現金を給付しろー

しかも、今すぐに!

そうしないと、クーデター起きちゃうんじゃない?

日本人は気が長いけど、

本気で怒るとマジで世界一恐ろしい民族よー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。