人生は思い描いたように叶う。さあ、来シーズンの目標を決めよう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンのシーズンもそろそろ終わりにさしかかってきました。

自分のマラソンの目標を達成し続けてる私。

夢に描いた神戸マラソンでのサブスリーも達成し、次の目標はサブエガです。

まだ、今シーズン1レースが残っています。

そこでのサブエガをねらっています。

「そんなにうまくいくの?」

そう思ったあなた。

目標達成しにくい考え方になっています。

今日は目標達成や目標設定についてお話していきます。


脳科学的に


脳科学的に目標は要ります。

以前からお話していますが、

脳は自分自身と思いコントロールできないと思っている人が多いです。

「脳ってコントロールできるの?」

脳はコントロールできます。

コントロールしないほうがもったいない。

手はコントロールしますよね?

手を使わずに生活はできますが、

不便だし、色んなことで損をします。

脳も一緒。

脳は使いこなさないといけません。

「勉強しろってこと?」

いえいえ、脳は勉強だけに使っているわけではありません。

運動にも使います。

血圧を調整したり、

体温を一定に保ったり、

生きるための機能もあります。

ただし、

思考する脳

記憶する脳

生きるための脳

感情の脳

それぞれ働きによって脳は使う部位が異なってきます。

そして、その中に目標を達成するための部位があるんです。

そして、その機能のことをRAS機能といいます。

「なんだって?」

簡単に言うと、

YahooやGoogleみたいな検索エンジン。

目標を達成するために、その達成に必要な情報や体の機能を探してくれるんです。

しかも自動です。

「そーなの!メチャ楽やん。」

でしょー

「でも、叶わなかったことあるぞー」

実はそこがポイントです。

願った後、キャンセルボタンを押す人がほとんどなんです。

「キャンセルボタンがあるの?」

そーなんです。

『やっぱり、無理かも。』

とか、

『やめとこかな。』

とか

そーするとやめとこうや、

無理が叶っちゃう。

なので、目標を立てたら、

忘れる。

それくらいがいいです。

「目に見えるところに目標を貼った方がいいと聞いたのですが。」

思い出した時に、

夢の否定入りませんか?

入らなければ大丈夫ですけど、

否定が入るような場合は忘れてた方がいいですねー

さあ、まずは目標を立てましょう。

これが叶えば、

サイコーって叫んじゃったり、

感動の涙を出しちゃったりするような目標をー

スゴイことはあっさり起こる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。