少子化を止めんと日本は滅びる。絶滅危惧種に日本人がならないためにできること。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ヨーロッパの国で少子化を止めている国があります。

どこか知ってますか?

それはなんと、

フランス。

出生率が改善してきているみたいです。

日本は世界一高齢化のスピードが早い国って知ってました?

少子化が影響しています。

確実に少子化が影響してます。

子供が増えなければ、

この先日本は滅びるっしょ。

夫婦に2人子供がいないと人口は減る。

実は2人いても成人全員が結婚するわけではないので日本全体で見ると2人では人口減少を止めれない。

3人以上の子供が必要になってきます。

でも、1人の子供を育てるのにいくらかかると言われてるか知っていますか?

なんと1000万円。

今は昔と違って景気が良くないと言われてるのに、

たくさんの子供を育てようと思う人は少なくなるのも当然。

ほんまに手を打たないと我々日本人は滅びる。

「どうしたらいい?」

子供手当を無くして、

3人目以降の子供ひとりにつき1000万円を上限に

学費や教育費、食費、医療費にかかった分を所得税や住民税から控除する。

そうでもしないと子供の数は増えない。

そんな制度を作ることが急務である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。