厄年なので、しかも大厄。多井畑厄神さんに行こう。駐車場は?まわりかたは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

多井畑厄神さんは神戸で有名な厄神さん。

大祭の時はすごく人が多いということで、

1週間前に行かせてもらいました。

駐車場は厄神さんの近くに1つ、

離れた所に1つあります。

離れたと言っても、歩いて5分くらいです。

どちらもそんなにたくさん台数が停まりません。

感覚ですが、近い駐車場が40台くらい。

遠い方が30台くらいな感じです。

混む時期は駐車場に停めるのに渋滞しそうな感じです。


境内は


境内は緑が多く、

行った日は鳥のさえずりが多いこと。

しかも、風が凛とした涼しさを持っていて、

洗練された空気感があります。

すごく癒されるスポットです。

厄年って厄を落とすとかって言いますよね。

厄=災いや病みたいな悪いイメージがあります。

その厄を落とすってことは、

おどろおどろしい場所かなと思っていました。

よく、厄をもらっちゃうとか聞くし。

でもね。

多井畑厄神さんは優しく応援してくれてる感じ。

「よくこの年齢までがんばってきたね。無理せんようにね。」

って言われてる感じがして、

とっても温かい気持ちになりました。

最後に雛形に切られた紙に自分の名前を書いて、水に浮かべるところがありました。

一枚2百円で買いました。

陰陽師が映画で使う式神の紙と似たようなものでした。

自分の身代わりとなり、災いを受けてくれるらしいです。

とても心洗われる神社でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。