ランニングに音楽。これは速くなるのを妨げてるのよー はよ気づいて!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ランニング中に耳にイヤホンをしているランナーをよく見かけます。

これは速くなるのを妨げてる。

「いやいや、音楽聞くとリズムにのって爽快に走れちゃいますよー」

それが速くなるのを妨げてるのです。

今日はランニング中の音楽についてお話しします。


ランニング中の音楽は副作用がある


音楽を聴きながら走ると、

意識は音楽にいきます。

マラソンは体との対話が重要になる競技なんです。

ふくらはぎが疲れてきた。

上半身がだるい。

足が弾むように進む。

など、毎回微妙に体の様子は違います。

微妙な体の変化に気づくためには、

フラットな状態を保つ必要があります。

しかし、音楽をきくと、その音楽に入っちゃう。

ロッキーのテーマソングを聞くと、戦闘モードに入っちゃいますよね。

人は同時に2つのことを考えるのは不可能です。

音楽を聞きながら、走ると体の反応は分からないのです。

レースだけでなく、

練習の時から体と対話するトレーニングをしてください。

足がつりそうとか、

どこまでのスピードならもちそうなのかとか、

実際につりそうだが、

つらずにゴールできるランナーは

体との対話ができているのです。

体との対話ができていないと

つったり、

足が痛くなったり、

バテて走れなくなるのです。

タイムをあげたいアスリートランナーにとってはオススメしません。

やはり、体と対話してトレーニングをしてください。

ただ、音楽は否定しません。

痛みや不安から意識を遠ざける効果があるので、使い方を選べば楽しく、ランニングを鮮やかにします。

ただね。

車や自転車には気をつけてくださいね。

ほとんどの曲を聴き放題のAmazon musicを私はよく聞いてます。

家のリビングとか、

仕事のイライラした時、

やる気が起こんないときとかに。

音楽のある生活は豊かですよー

しかも今ならお得です。

試すだけ試して、期間が過ぎれば解約することもできるので、

期間限定で試すのもアリですね!

下にリンクを貼っておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。