マラソン前日に食べるべきものは?栄養学的に最高なマラソン飯はこれだ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンというとカーボローディングのためにパスタと思われるかもしれませんが、

NO!

カーボローディングは古い!

というか理にかなってない!

肝臓には2000キロカロリーしか蓄えれないのに、マラソンは2000から3000キロカロリーも消費します。

貯めたとしても足りないです。

足りないのにやるって無意味ですよね。

僕がオススメするのは疲れにくい。

足にダメージがきにくい食事!

しかも、メチャ美味い。

それは

お寿司やお刺身

その中でも食べて欲しいものは

  • まぐろ
  • エビ
  • サーモン
  • です。
  • まぐろはBCAAがダントツに豊富

    まぐろの赤身を八切れ食べるとBCAAが4800mgとれます。

    お寿司ならシャリが米なので糖質の補給にもなります。

    次にエビとサーモン

    これはアスタキサンチンが豊富なんです。

    アスタキサンチンはすごくてね。

    抗酸化、抗疲労、持久力強化などの効果がずば抜けてるんです。

    エビとかサーモンのピンクの色素がアスタキサンチンね。

    お寿司か刺身を食べた次の日はサブスリーしてるんです。

    お寿司が難しいときってありますよね。

    ラン仲間での飲み会。前夜祭。

    こんな時は刺身を食べるといいですよー

    是非是非お寿司を食べていい走りしてくださいねー

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。