マラソンシューズは一部がすり減る!すり減った部分を修理して復活させてみたー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンシューズはすぐにかかとやよく着くところがすり減る。

しかも、かなりすり減る。

そのすり減り具合が、そのシューズの寿命となる。

つまり、すり減った部分が再生すると、

シューズの寿命はのびるのだ!

ということで、

フォアフット着地の私はどうしても、

シューズの横がすり減る。

ここまですり減ると、

もうそろそろ相棒とお別れするタイミングが近づいてきてるなって思う。

そこで、この部分を修理しちゃいます。

使うのはコレ!

アマゾンでポチったシューズの修理キット

他のシューズも修理しようと思ってるので、

透明のものにしました!

作業開始

作業を始めます!

ヤスリが入っていたので、

シューズの削れたところを削ってみました。

白いウレタンフォームみたいなところは、

削れる感じはなく、

ヤスリがけは無用な印象。

いよいよボンドみたいなのを塗る。

ちょっと厚めにのせて、

ヘラで整形。

口コミでは乾きにくいって言ってたけど、

普通のボンドくらいの乾くスピード。

ノリよりも早い。

横から見るとこんな感じ。

まあまあ埋まったかなー

あとは、透明な部分を黒く塗って、

使用してみたいと思います。

シューグーの現在の最安値(30パーセント以上OFF)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。