「30キロ走は要らないなー」30キロ走ゼロでサブスリーをした私の私見

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

サブ3.15の方のペースメイカーをした私。

30キロ走が終わって3日が経つ。

ホンマに30キロ走は要らないなと痛感。

30キロ走をしなくてもサブスリー

昨シーズン、私は30キロ走ゼロでサブスリーをしました。

30キロ走をしなくてもサブスリーはできるんです。

「もともと、速いんじゃないの?」

その前のシーズンは30キロ走をレースまでに3本入れてましたね。

入れても入れなくても大差はありません。

ちなみに入れたシーズンはサブスリーを達成することはありませんでした。

入れてもいいけど、デメリットの方が多い。

体へのダメージが大きい

体へのダメージが30キロ走は大きいですね。

免疫機能がかなり落ちちゃいます。

そして、足などの筋肉、関節、皮膚などにも痛みが出ます。

そんなに効果が大きいわけではないのに、

リスクは大きい!

痛みが故障へと変化しちゃうと走れなくなりますからねー

ランニングイベントで30キロ走が多いのは?

人が集まりやすいからだと思います。

5キロのジョギングします!

参加費を払ってまで5キロのジョギングする人はいませんよね。

でも、30キロ走となるとサポートも欲しくなるし、

一人ではやりにくいと感じる人もいる。

なので30キロ走やインターバル走はランニングイベントで多いんだと思います!

私のトレーニングは?

私のトレーニングメニューは、

10キロのジョギング

18キロのビルドアップ走

この2種類だけなんです。

ビルドアップ走は週1、2回

それ以外の日は毎日10キロのジョギングです。

楽なペース(ハアハア言わない)が速くなっていくという練習方法です。

この練習方法でも、

キロ4分のペースについていけることごわかりました。

楽なトレーニングなのに速くなる!

これ、最高とちゃいますかー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。