糖質の割合が多過ぎる。普通に生活してると糖質ばっかり。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

糖質で溢れてる。

たぶん日本だけではない。

糖のメカニズムを知らない人や国はほとんど糖質。

ご飯

パン

食パン

カレーパン

ラーメン

うどん

そうめん

ピザ

団子

焼きそば

お好み焼き

たこ焼き

ケーキ

シュークリーム

アイスクリーム

ソフトクリーム

ビール

日本酒

ジュース

チョコレート

ドーナツ

ほとんどみんなが好きなものって糖質なんです。

「どうしてなん?」

なぜ甘いものや糖質が食べたくなるのかというと、

脳が欲しがるんです。

なぜ脳が糖質を欲しがるの?

なぜ脳が糖質を欲しがるかというと、

2つの理由があって、

1つはブドウ糖が脳のエネルギーになるからです。

2つ目は、

砂糖が麻薬と同じような作用を起こすからです。

ある国は麻薬は合法です。

でも、そんな麻薬を合法にしてる国のの公営放送局が砂糖には気をつけてって放送してるんです。

糖質はとればとるほど、

より欲しくなったり、

頻度が多くなったりします。

夕方に仕事中、

チョコレートやパンが食べたくなることらないですか?

当てはまるあなた!

糖質にやられてますよー

「糖質に気をつけるのはわかったけど、

どうしたらいいの?」

糖質を食べる前に、

野菜やスープを食べて、

胃にコーティングをして糖質の吸収を緩やかにしてください。

糖質をなくすのはオススメしません。

お肉や豆類、ナッツなどの食品を食べることも意識してみてください。

ただ、糖質以外を食べても、

糖質は別腹的な性質があります。

お腹いっぱいでも、

ビールは飲めてしまう。

焼肉でお腹いっぱい、胸やけ中な時でも、

デザートのアイスは食べれます。

ごちそうさまでした!

って言ったのに、

ケーキが出てくると食べちゃう。

砂糖や糖質には気をつけましょー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。