膝の降り出しと足の蹴り この2つがマラソンでのランニングスピードを上げるの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スピードを上げたいのは陸上競技の醍醐味です。

マラソンでも、前回の記録を更新したい!

それが目的の1つでもあります。

記録が前よりも良くなってたら、

自信にもなるし、嬉しい。

つまり、誇らしい。

ジョギングをしている時でも、どのように足を着地して、どこで力を入れたら速くなるかを日々探すのが陸上のトレーニングの目的の1つです。

少しでも、速くなるために、

今日は足の降り出しと着地ごの足の蹴りについてお話しします。

足の降り出しはいる

まず、足の降り出しについてです。

これはね。

要ります。

なぜかというとね。

足の太ももの重さを走りに生かしたいんです。

足を降り出すと足の重さ分だけ重心が前にいきます。

また、降り出すという動きが体を前進させます。

これは着地してないほど大きく作用します。

ただし、足を前に着地しちゃうとブレーキになるので、足は自分の重心の真下に下ろすように意識してください。

着地する場所はホンマに気をつけないと、走ってるのか止まろうとしてるのか分からない走りになります。

ただし、それでも走れちゃうのでほとんどの人が足の着地を重心の前に着き、走ってます。

足の着地を重心の前で着くと、

スピードが出ないし、

筋肉を使って前進をしていくので、

後半にバテてしまいます。

後半にペースを上げるためにも足の着地は生命線です。

足の蹴り

足の蹴りは必要です。

ただ、どの方向に蹴るのか、

どれくらいの力で蹴るのかがポイントになります。

着地してすぐに蹴るとピョンピョンと跳んだようになるし、

着地後にかなり時間が経ってから蹴ると重心の低い走りになります。

「重心が低い走りって?」

腰が歩くときよりも下がってるような走りです。

膝の曲がってる競歩のような感じになります。

風に乗ってるようなスピードが出るけど軽いというような角度があるので、それを探しましょう。

体力の残り具合によってこの角度は変わります。

そして、足の力の入れ具合。

力を入れ過ぎるとフルマラソンは保たないし、

力を入れなさ過ぎると、

スピードにのれません。

これも自分にあった力加減があるので、

その力加減を探してください。

トレーニングの醍醐味は体力向上だけでなく、

フォームのアップロードも重要なのです。

足の降り出しと足の蹴りを組み合わせると

この2つをタイミングよく組み合わせると飛ぶように走れます。

(ただし、このペースを維持できるかが、レースメイクの真髄ですが、、、)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。