芝生で走るのは最高!フォアフット取得練習向き。ただ、これだけは留意してね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

芝生で走るのはフォアフットを取得するのに向いています。

特に手入れがあまり行き届いていない芝生がいいです。

なぜかって?

草が深い芝生はあまりずっと着地していたくないですよね?

虫がつくのも困るし、

チクチクするし、

なので、着地を一瞬で終わらせたい。

自然と膝を上げる動きとつま先着地の動きが身につくのです。

しかも、芝生は柔らかいので、

足への負担も軽減されます。

ただし、芝生はデメリットもあります。

クッション性が高いため力が吸収され、

スピードが出にくくなります。

砂浜で走るのと似てます。

砂浜でダッシュってしんどいですよね。

なぜかというと走るためのエネルギーが砂浜に吸収されるからです。

芝生も砂浜まではいかなくても、

走るエネルギーが吸収されます。

スピード練習を芝生でやるのはあまり向いてないので気をつけてくださいね。

「芝生で練習したら、遅くなっちゃったー」とは思わないでくださいねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。