マラソンの練習を続けると、足の筋肉がつく。足の裏の皮が厚くなる。体の中はどんな変化が?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンの練習をすると、

明らかに目で見て痩せます。

おデブなマラソン選手を見たことがありません。

年一回くらいのレースの参加で練習は数回しかしないような、にわかマラソン選手は別ですよ。

見た目が、痩せるだけでなく、

足の筋肉もつきます。

特にふくらはぎなんかがボコっとなります。

マラソン選手だなーと感じる部分ですねー

足の裏や足の指は皮が厚くなり、

結構硬くなります。

表面的な変化はこんな感じですね。

忘れちゃなんないのは、

ランナーズフェイスといってシワシワでシミやソバカスがいっぱいにもなりやすい変化もありますね。

体の中はどんな変化があるんだろう。

筋肉が遅筋が有利になり、

遅筋のパフォーマンスがアップ。

あと、僕が勝手に予想してるのが、

血液や循環器系ですね。

心臓が鍛えられたり、

血液も鍛えられる。

ヘモグロビンの量が増えるんじゃないかな?

走り過ぎると、ヘモグロビンが壊れて、

貧血になる場合もありますけど。

ちょっとしたことでは疲れなくなりますねー

内臓も強くなってる気がする。

結構食べてもしっかり消化吸収されてる。

走るっていいですなー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。