フォアフットで走ると、ここが痛くなるんよねー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

フォアフットが世界の流れになりつつある陸上長距離界。

私もサブスリー達成で使用していた着地方法はフォアフット着地。

フォアフット着地はスピードが出やすいんです。

短距離走もフォアフット着地です。

短距離走でヒールストライクやミドルフットで走っている人を見たことがありません。

マラソンは高速化してます。

その要因はアフリカ勢なんです。

彼らの走り方はフォアフットです。

体を前傾にする事で、

位置エネルギーを使い、

長い足で距離を稼いでいきます。

「やっぱりフォアフットがいいの?」

答えはYES!

でもね。

デメリットがあるんです。

私の他の記事でもお伝えしていますが、

ふくらはぎがつりそうになる。

そして、今私が体験してるのが、

足底筋痛。

足の裏だけ痛い。

かかと付近の足の裏。

筋肉がこわばってるんだなー

足の裏側と脚の裏側の筋肉を緩めてあげるのが大事。

「どうやって、筋肉って緩めるの?マッサージ?」

筋膜を緩めてあげるのがいいですなー

ラップの芯みたいなのを床に置いて、

足の裏や脚の裏でコロコロするだけ。

これで緩みます。

つまり、トレーニングで緊張させた筋繊維を緩める作業がいるんですー

アイシングするのも効果的ですよー

故障すると走れなくなるので、

故障したら終わりです。

ケアも含めてトレーニングですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。