なかなかスピードが上がらない↓を防止!地面についていない足の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

がんばってスピードをあげようとするのに、

思うようにスピードが上がらない。

タイムがよくならない。

そんなことってありますよね?

地面をしかっり蹴ってるのに、

スピードをあげようと足に力を入れてるのにタイムが!

走ることも含めて、

スポーツはいいと思ってやってる反対のことをすると上手くいくことってありますよね?

例えばドッジボールをキャッチするとき、

手に力を入れてしまうとボールを弾いてしまい、上手く受けることができません。

ドッジボールを受ける時は、

腕には力を入れず、

ボールに触れた瞬間手を引く動作を入れると上手く受けることができるんです。

力を入れるのではなく、

力を抜くことが大切。

今日はそんな体の動かし方の極意を走る事に特化してお伝えしたいと思います。


スピードを上げるには、地面についていない足の動かし方が大切


走るときに、地面に着いている足も重要なんですが、

地面に着いていない足の動かし方も大切なんです。

いや、むしろ地面に着いてない足の方が重要ですね。

地面に着いている足の方はほとんどのランナーが使えてますし、

改善したからといって大きくスピードアップできる余地があるかというと、

?です。

また、着地する足を使いすぎると、

ふくらはぎの筋肉を過度に使うため、

レース中での足のつりにつながる危険性があります。

地面に着いていない足って使ってます?

多くのランナーはスピードアップのために意識しては使っていないと思います。

今の走力にまだ未使用の動きを加えるとスピードは上がりますよね?

それではレクチャーします。

フリーフット(着地していない足)の使い方

フリーフットを前にあげるんです。

フリーフットの膝をナナメ上に上げる感じ。

フリーフットを上げることで、

体の重心は前にいきます。

また、歩きながら膝をあげてもらうと分かると思うんですが、

着地足の股関節の角度が地面を効率よく押すことができる角度になるんです。

膝をあげるときに体は前に引っ張られます。

  1. 重心が前に
  2. 着地足が地面を押せる角度に
  3. 膝や足の振り出す力に引っ張られる

この3つの作用がうまれ、

スピードがアップするのです。

ぜひ、まずはジョギングで試してみてください。

今までよりも軽く、弾むような走りを手に入れることができると思います。

しかし!

ひとつだけ気をつけてくださいね!

膝を前に出しても、

着地点は体の前にしないでくださいね。

着地を体の前にするとブレーキになってしまいます。

着地は自分の体の真下か体の後ろにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。