マラソンの終盤で足をつらないための作戦 4選

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンのレースでポイントとなるのは、

失速しないこと。

動けない状態にならないこと

が最大の命題となります。

失速したり、動けない状態になると

収容バスに乗ることになってしまうスポーツなんです。

失速や動けない状態になる要因の一つは、

つる

です。

痙攣して、

激痛がはしり、

動けなくなります。

一度つってしまうと、

その後、回復しても、

ほとんどの場合、

再度つってしまいます。

マラソンでは、つらないようにすることがメチャ大切!

とりあえず、

つらなけらば、

ゴールできます!

今日はつらないための4つの方法についてお話しします。


一つ目の方法は?


一つ目の方法は、

栄養の補給です。

特にカリウム不足になると、

つりやすくなります。

カリウム不足を補うために、

レース中にカリウムを摂取しましょう!

「どうやって、レース中にカリウムを補給するの?」

はい、レース運営側も全てのランナーにつってほしくないので、

つり防止の対策をしています。

それが、エイドステーションに置かれているバナナです。

バナナはカリウムが豊富なんです。

しかも、トリプトファンというアミノ酸も豊富。

バナナが後半のエイドステーションに出てくるのは理由があるのです。

レース中に、つりそうな時には、バナナをとるようにしましょう。

「でも、つりそうな時に近くにエイドステーションがなかったり、

つりそうな時にはもうエイドステーションを通り過ぎてたらどうするの?」

それは、その2以降に対策を載せておきます。


つらない方法 その2


つらない方法その2は、

アミノ酸の摂取です。

BCAAという言葉を

聞いたことがあると思います。

BCAAとは、分岐鎖アミノ酸です。

筋肉を構成したり、

筋肉のエネルギーになったりします。

僕の経験上、

レース中に足がピクピクと痙攣しそうな兆候が出ます。

このままの状態が続けば、

つってしまうだろうという感じのふくらはぎの反応です。

これが出た時に、

私はBCAAを飲みます。

そうするとあら、不思議。

足のピクピクや筋肉の痛みがおさまるんです。

私の飲んでるBCAAはビタミンBも含まれているので、

上記のような反応が起こるのかもしれません。

みなさんも自分にあったものを探してみてください。

BCAAを補給するためには!


つりを防止する方法その3


つりを防止する方法その3は、

足を冷やす

ことです。

足を冷やすのは知り合いの先輩サブスリーランナーに教えてもらいました。

足は熱を持ってくるとつりやすくなるとのことでした。

確かに、熱生痙攣とかは体温が上がってなるなぁと。

マラソンはずっと走るスポーツなので、

足は熱を持ちやすい。

足を冷やすのは大切かもと思い、

レースで試してみました。

結果、ふくらはぎになかなか水がかからない。

えいっと、

水をかけようとすると、

アスファルトをぬらすだけ。

これではまずいなと思ってたところ、

「ふくらはぎにかけるのは難しいから、

〜〜にかけて、ふくらはぎもぬれるのがポイントやでー」

というアドバイスを思い出す。

ただ、〜〜の部分が思い出せない!

ある部分にかけると、ふくらはぎもぬれる?

ということは、水が垂れるんや!

太もも裏にかけると水は太もも裏から、

流れて、ふくらはぎも冷やすことができる。

このコツはかなり大切!

そして、足が冷やされると、

足に溜まってた疲労がリフレッシュされるんです!

「つる感じは?」

つる感じも遠のきます。

遠のくんですが、

つる予兆はまた、時間が経つと戻ってきます。

レース中に繰り返し冷やすことが必要です。


つるのを防ぐ方法その4


つるのを防ぐその4は、

ふくらはぎサポーターです。

これは、足の筋肉のブレを抑えてくれ、

疲労を軽減する効果があると言われています。

トレイルランのランナーがよく使用しており、

最近はマラソンランナーも多くの人が使用しています。

なかなか、効果ありです!
私がサブスリー達成時に使用したふくらはぎサポーター(ゲイター)
以上のようにつるのを防ぐ方法を自分なりに試してみてください。

キムチは美味しい。

キムチは辛くて食べれない。

など、個人差は何においてもあります。

4つの方法を書きましたが、

自分に合った方法を自分なりに探してもらうのが、よいと思います。

しかし、何度も走ることが難しいのがマラソンです。

抽選に当たることで走ることができるので、

一回のレースを後悔なく走るためにも、

今回の記事を活かしてもらえると嬉しいです!

それでは、今日もがんばりましょー!

この記事はマラソンレースの1ヶ月前に読んでほしい記事ですので、

必要なランナーは保存しておいてくださいねー

ねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。