マラソンに筋トレは必要?不必要?体幹トレーニングは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンのトレーニングで筋トレは必要なのか?

体幹トレーニングは必要なのか?

今日はそんなマラソンにおける筋トレについてお話ししていきます。


筋トレは必要?


筋トレは必要かどうか。

昔はあまり必要とされていませんでしたが、

最近のレースの高速化もあり、

筋トレをトレーニングメニューに入れるトップアスリートは増えてきました。

しかし、筋肉は比重が重いので、

筋肉を付けるとどうしても体重が増えます。

体重が増えるとレースでは、

つけた筋肉が負荷になってしまうので、

走るのに必要な筋肉に絞ってトレーニングするのがよいでしょう!

また、大きな負荷をかけるマシーンを使ってのトレーニングよりも、

自分の体重を使って行う自重トレーニングぐらいの負荷がよいでしょう。

「自重トレーニングってどんなの?」

例えば、

腕立て伏せ(プッシュアップ)

スクワット

バービー

背筋

腹筋などが自重トレーニングとなります。

筋肉をつけると、

スピードは上がります。

体重も重くなるので、

そのスピードをどれくらい持続できるかがポイントとなってきます。

でもね。

筋肉をつけた体って、

カッコいい!

ムキムキまんまでいくと、カッコいいとは思わないですが、筋肉がつくと、

ボディーラインが変わってくるんです。

それが、自画自賛的にいいんです。

でもね、みなさん。

筋トレして、

筋肉をつけると重くなるんです。

しかも、我々市民ランナーは速くてもキロ4分出せるといい感じですよね?

トップアスリートはキロ3分切りますが、、、

重くなるとスピードが上がりにくく感じたので、

私はサブスリー達成の前は筋トレは入れなかったんです。

筋トレ無しでも、サブスリーまでは実験としてはいけました。


体幹トレーニングは?


続いて体幹トレーニングです。

筋トレの一種ですが、

静的なトレーニングになります。

インナーマッスルの強化につながります。

基本的にはマラソンでよく使うスタミナのある筋肉。

遅筋を鍛えることになります。

私はサブスリーを達成する前はほぼ毎日体幹トレーニングをしていました。

体幹トレーニングをすると結構調子がいいんです。

しかも、腹筋や体の横の筋肉もボコボコしてきて、

お腹は割れました。

横にではなく、

縦にです。

縦に。

体幹トレーニングで割れたかどうかはわかりませんが、

体幹トレーニングはマラソンに効果ありです。


まとめ


今までの経験から、

マラソンに効果がある体幹トレーニングは毎日取り入れてみてください。

家で短時間でできるので、

とってもいいです。

筋トレは体重増加に不安が残るのでおススメしません。

しかし、次のシーズンは筋トレを入れて、

筋力アップをして望もうと思います。

次はサブエガを目標にがんばります。

また、実験の結果をお知らせしますねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。