マラソンのトレーニングに30キロ走は入れなくても大丈夫!楽ジョグトレーニングでサブスリー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンでサブスリーを目指しているランナーも、

サブスリーを達成しているランナーも

多くのランナーが

「30キロ走を3回入れたよ。」

「30キロ走を月一回入れてる。」

という言葉をよく言っています。

しかし、私は30キロ走は一度も入れません。

ノー30キロ走でサブスリーを達成しています。

今日はそんな私のトレーニング方法をお伝えします。

そして、現在はどんな変化が起こっているかについてもお伝えします。


トレーニング方法は?


トレーニング方法は3つだけです。

1つ目は、10キロのジョグです。

自分が気持ちの良いペースで走ります。

私は5分前後です。

走り始めはタイムは上がってきませんが、

3キロぐらいから自然とスピードが上がってきます。

上げるのではなく、

自然と上がってしまうのです。

2つ目は、ビルドアップです。

18キロの距離を走ります。

ポイント練習と呼ばれる核になる部分かもしれません。

これも最初はゆっくりと走り始めます。

私はキロ5分前後から始まります。

そして、だんだんとペースが上がります。

でも、上がったとしても、レースペースよりも遅いタイムで

走ります。

「レースのペースよりも遅かったら、レースでは速く走れないんじゃないの?」

僕もそう思ってました。

練習でレースペースで走ることが無理と思えるような感じでしたから。

スピードが上がらないんです。

しかし、レースではみんなで走るのと、

アドレナリンが出ていること、

レース用のシューズを履いていること、

信号関係なく道路を走れることが影響して、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。