サブスリー達成の相棒はズームフライ ズームフライの扱い方説明書

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

サブスリー達成の相棒はナイキのズームフライでした。

しかし、賛否両論なこのシューズ。

実は扱い方があるんです。

今日はその扱い方についてお伝えしていきます。


ナイキズームフライの長所


ナイキズームフライの長所は

ソールにプラスチックプレートが入っており、

弾むように走ることができる点です。

つまり、

普通に走ってるのに、

プラスチックプレートの反動で

自動的にストライドがのびていくということです。

本当に簡単に速く走れるようになります。

気をつけないと、

キロ3分34分で走ってしまってることもレースではありました。

いつものレースペースが4分10秒前後なので上げすぎていることが分かると思います。

レースペースより、

30秒以上も速いなんて!

というように簡単にスピードが出ます。

簡単にスピードが出るのが、

このズームフライの特長です。

速くなるためのシューズなんです!

ナイキズームフライの現在の最安値を確認


デメリットは?


物事には表と裏があります。

速く走ることができるメリットがある一方、

デメリットもあるんです。

それは、

フォアフット走法じゃないと

スピードが上がらないんです。

このナイキズームフライでスピードを出すためにはフォアフット走法で走ることが必要なんです。

ただし、日本人のほとんどの市民ランナーが長距離走はヒールストライクかミッドフット走法で走っています。

ナイキのズームフライで走るには

フォアフット走法にかえてもらう必要があります。

その覚悟ができる人にしかオススメしません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。