サブスリーのためのレースプラン!ポイントは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

サブスリーとは?

フルマラソンを3時間より早いタイムでゴールすることである。

マラソン人口の数パーセントの人しか達成していない特別な称号の1つです。

ゴルフでいうとシングル、

野球でいうと甲子園出場、

お店でいうとミシュランで星がもらえた、

みたいな感じですかね?

上には上がいるんですが、

オリンピックに出ている選手も現在サブスリーです。

サブツーもしくはサブゼロはいません。


サブスリーのペースは?


サブスリーのペース配分ですが、

前半上げすぎないことが大切です。

基本、キロ4分10秒で走ります。

多少前後しますが、速すぎることなくペースを作りましょう。

マラソンは後半失速するとタイムを狙うことがかなり難しくなります。

つってしまうと、レースを作ること自体困難になります。

スピードを上げる余裕があるなら

後半上げましょう。

「ネガティブスプリット」

も案外いけます。

しかも、ネガティヴスプリットの方がタイムは上がるんですよー

オリンピックなどの大きなレースは

優勝争いは必ず30キロ以降ペースアップします。

前半を抑えることが、

ポイントとなる種目がマラソンなんです。

実は今回のサブスリーを達成したレースはネガティヴスプリットになりました。

苦しさは無く、

まだ、上げれそうな感じでした。

足のピクピクが下りになるとあったので、

つることを避けるため極端なペースアップはしませんでした。

しかし、次のレースはさらにタイムを縮めることができそうだなと期待がもてる感じでした。

また、後半は抜かれることは無く、

前にいるランナーを捉えて抜いていくのみだったので、

メンタル的にも楽しかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。