楽に速く走る!走る時の着地時間をコントロールせよ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

走る時の着地時間を気にしたことはありますか?

着地方法を気にするランナーは多いと思います。

しかし、着地時間を意識するランナーはあまり多くない。

でも、着地時間を考えて走ると、

フォームやスピードが変わってくるんです。

今日は着地時間について考えていきます。

着地時間が長いとどうなるのか?

着地時間が長いってどいうこと?

着地時間が長いとは、

地面に足がついている時間が長いってことです。

例えば、

ずっと着地している状態は、

止まってる状態

着地時間が長い状態は歩いている状態

着地時間が短くなってくると走っている状態

なんです。

「走ったら、速いし着地時間が短いのは当たり前やんか〜い!」

と突っ込まれそうですが、

わざわざそんなことを伝えたくて、

貴重な時間を使っているわけではありません。

着地時間を短くすると・・・

実は、着地時間を短くして走ると、

ちょっとのエネルギーで速く走れるんです。

「どういうこと?」

走るより飛ぶほうが速いですよね。

空中を飛ぶイメージです。

飛んでる途中に足が地面に触れて、

さらに加速していく感じ。

別の言葉で例えると、

体重移動をよりスムーズに行い、

着地時の抵抗を減らす。

「ようわからんけど、結局どうしたらいいん?」

着地時間を短くする走りの方法

まず、重要になってくるのは

着地の時に

体を高くすること。

腰を高くするイメージです。

体を高くする。つまり背伸びをするんです。

つま先で立つと高くなりますよね?

つまり、つま先で着地します。

そして、すぐに地面から足を離す!

地面に着いたらすぐ足を地面から話すのを繰り返すだけです。

かなり、スピードが出ます。

しかも軽く走っているのに速くなるんです。

この時、意識して欲しいことは、

体の傾き

足を上に上げる動きです。

(もも上げみたいなイメージですが、自然にやらないとスムーズな動きになりません。)

体の傾きと足を上に上げることを強くしていくとさらにスピードは

加速しますが、筋肉の負荷はどうしても増えてしまうので、

リラックスして走れる傾きと足の揚げ具合を探してくださいね。

地面アッチッチ走法で走る時は

最初からスピードを上げるのではなく、

ジョギングでやってみてください。

リラックスしている状態から始めることで、

この地面アッチッチ走法をより体感しやすくなります。

この走法を活かしまくるシューズがコレ

デメリットは?

物事には必ず表と裏があります。

この地面アッチッチ走法はスピードが速く走れるのですが、

つま先着地になるので、

フォアフット着地と同じ要素が含まれています。

つまり、ふくらはぎや足の筋肉に負荷がかかるのです。

地面に足がついている時間が長いと歩くのと同じなので、

骨の支えで体重を支えるため、筋肉を使う量は少ないです。

しかし、地面に足がついている時間が短いということは、

歩くよりも、筋肉を使うことになるため、

どうしても、負荷がかかりやすくなります。

マラソンでサブ5くらいの脚力がないと難しいでしょう。

マラソンでサブ5がまだ難しいランナーや

初マラソンのランナーはこちらを参考にしてみてください。

短距離と長距離の走り方は違います。 特にフルマラソンは2時間以上も走るので、 50m走の走り方をしても、もたないのです。...

「すべてはうまくいっている。」

以上

楽に速く走る!走る時の着地時間をコントロールせよ!

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。