ナイキズームフライは走りにくい?初心者向けではないシューズなの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

箱根駅伝でも、多くのランナーが履いているナイキのズームフライ。

ナイキのズームフライと名工三浦氏がいるニューバランスの2強状態になりつつある感が否めない昨今。

ニューバランスは履いたことが無いので分かりませんが、

ナイキのズームフライは現在レースシューズとして導入しています。

しかし、一筋縄ではいかないシューズであることは間違いない。

しかも、値段的にも決して安くないので気軽に買いかえるわけにもいきません。

しかし、ナイキのズームフライはスピードが出ます!

このスピードが出るのが一番の売りなんです。

今日はそんなナイキズームフライについて書いていきたいと思います!


ズバリ!適しているのはこのレベル


ナイキのズームフライは基本的にレース用のシューズです。

そのため、より軽く作られています。

耐久性は高くありません。

なので、基本的にはレースに使いましょう。

時々試してみるのは有りですよー

また、フォアフット着地の習得のためにトレーニングで使う駅伝チームもあると聞いたことがあります。

フォアフット着地の習得のためにトレーニングで使用するのもいいと思います。

それではレースではどんなランナーに適してるのかを考えたいと思います。

ズバリ!

サブフォー以上のランナーでしょう。

別にどのランナーでも履けるのですが、

ふくらはぎに負担が来やすく、

つってしまう可能性が高いので、

サブフォーランナー以上になるまでは、

できるだけ、サポートが多いシューズを履くことがお勧めです。


ズームフライの魅力


ズームフライの魅力って何?

もうこれしかありません!

速く走れる!

マラソンをしている人にとって

履くと速く走れるシューズって魔法のシューズですよね?

だからみんなこぞってこのシューズを買うんです。

そして、品薄になるんです。

どうしてこのシューズが速く走れるかというとね。

このシューズのソールの中にプレートが入っているんです。

つまり、バネです。

バネがシューズについてたら、

速くなるでしょ?

だって、弾むんだもん。

実感としては弾んでる感じはないけど、

タイム的には結構速くなるんです。

やっぱりこのバネの力は大きい。

ズームフライはソールにプラスチックプレートが入ってて、

ズームフライの上のグレードであるヴェイパーフライは

カーボンプレートが入っているらしい。

素材が高価になる分、

カーボンプレートが入っているヴェイパーフライは

値段が高いです。

超高価!ヴェイパーフライの価格をアマゾンで確認

ズームフライの価格をアマゾンで確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。