正月太り。寒い。そんな時期こそ、走り◯◯が正解!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンランナーが速くなるためには、

一回のトレーニングよりも、

日々の積み重ねが大事です。

つまり、継続していくことこそ、

マラソンのトレーニングの醍醐味なんです。

しかし、

年末、お正月と飲んでは食い、

飲んでは食い、

飲んでは食い、

とほとんどカロリー摂取に努めてきたこの時期!

周りは気づかないかもしれませんが、

自分では気づいてますよね。

ほっぺたの膨らみや

お腹まわりのたるみなど、

自分でもお正月太りの変化をかんじます。

これではいろんな意味でイカン!

ということで、

この時期のオススメを紹介していきます。


年末年始があける


年末年始があけると季節は冬。

しかも、寒さが厳しくなり始めるけど、

耐えられない寒さというまではいっていない。

しかも、年末年始は忙しさもあり、

なかなか運動できていない。

この2つの条件に当てはまるのが

走り込み

です。

夏に走り込むのはちょっと危ない。

熱中症もありますし、

トレーニングが疲弊に繋がりやすかったりします。

暑さで内臓がやられるので、

夏バテという現象があります。

暑い時に走り込むのは適してないのです。

なら、その逆寒い時はどうでしょう。

長時間走るのも特に負担はありません。

走らなければ、

食べた物の余分なカロリーは

脂肪に変わってしまいます。

太ると走るのにはマイナスです。

1キロの脂肪をつけちゃうと

カバンを背負って走ってるのと一緒です。

2キロになると、

カバンの荷物が増えるのと一緒です。

きついでしょー?


今のシーズンをどう過ごすか!


今は結構走ってるランナーが少ない。

つまり、走りにくいんです。

なぜかって?

寒いし、

レースは結構終わってオフ的な雰囲気があるからなんですー

でも、

トレーニングをしてすぐに速くはならないですよね。

逆を返せば、

継続してトレーニングをすると、

マラソンは速くなるんです。

この時期にゆったりとジョグをしながら体を鍛えていきましょう。

ただし、

キツイトレーニングではなく、

気持ちがいいスピードを意識してくださいね。

速すぎると、

寒さもあり、

足首を痛めやすくなります。

また、ハードなトレーニングをしすぎると、

モチベーションが下がっちゃう!

ハードじゃないとダメなんだという変態ランナーも多いですが、

心と体はつながってるし、

やる気は実はドーパミンとも結びつくので、

ドーパミンやエンドルフィンが出るくらいのリフレッシュできるスピードや負荷がオススメです。

私のトレーニングの主体は

毎朝10キロのジョギング

スピードはキロ5分

レースペースはキロ4分10秒なので、

レースペースよりもかなりゆっくりです。

また、週1、2回18キロのビルトアップを入れます。

これも最初はキロ5分前後であとは勝手にスピードが上がっていく感じ。

自分で上げるというのではないです。

そのトレーニングメニューだけで、

サブ3.5いけてます。

サブスリーまではあと数分。

つまり、

スピード練習がマラソンに必要かというとスピード練習入れなくても3時間台では走れるんです。

ジョギングのペースの練習でね。

今の時期、ジョギングを重ねて走り込むことで、走力が上がっていきますよー

ぜひぜひ、ジョギングしてくださいねー

そして、来シーズン自己ベストを目指しましょう。

「全てはうまくいっている。」

以上

正月太り。寒い。そんな時期こそ、走り◯◯が正解!

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。