200キロごとのロードバイクのチェーン洗浄 簡単でローコストなアイデア

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ロードバイクは走行距離200キロごとにチェーンオイルをささないといけません。

そして、チェーンオイルをさす前に、

チェーンについてる汚れた油分や土やホコリを取り除かないといけません。

このチェーンの洗浄がけっこう面倒くさい!

でも、200キロごとにショップに出しに行くのも費用がかかるし、サービスでしてくれるにしても、自分でできた方がいいに決まってる。

スプレーの油脂除去は楽ですが、

費用がかかるし、

ゴミが出る。

灯油で洗浄すると費用は抑えられますが、

管理が大変。

子供が触っちゃうと困るしねー

というわけで、

楽で費用も抑えることができる方法を思いついたんですー


楽安メンテナンス


まず、使うのは脱脂用のスプレーです。

車用でも、自転車用でも、

バイク用でもかまいません。

洗浄できるスプレーを用意します。

金属製のブラシ

そして、金属製のブラシを用意します。

ここがポイントです。

歯ブラシでも代用できるかもですが、

毛が短いのと、

周りに油汚れが飛び散る可能性があるので私はつかってません。

次に用意するのが、

お肉やお魚が入ってたトレー

スーパーに行くとお肉やお魚が入ってるトレーがあります。

このトレーを使います!

もちろん、洗っておいてくださいね。

生臭いロードバイクは嫌でしょ。

「なんか、お前のバイクの後ろ走ってたら、メチャ魚のにおいがするねんけど、、、」

なんて言われるとかありえませんよね。

トレーはちゃんと洗いましょう。

作業開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。