風邪をひいたら、トレーニングはどうすればいい?体調が悪い時の対処方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ただ今、久々に風邪をひいています。

数日前に高強度のタバタ式トレーニングを久々に再開したのが、

まずかったのかもしれません。

仕事も忙しく、

気をぬく暇が全くない状況での数ヶ月、

栄養でカバーできると思ってましたが、

悪寒がして、お熱。

体調が悪い時のトレーニングはどうしたらいいのか、私流を伝授します。


休養をとる


当然のことなんですが、

体を休ませてください。

といっても、体はあなたが寝ていても、

免疫機能をフル活用して働いてるので、

体は休んでないんです。

また、風邪をひくのは、

免疫力が負けている状態なので、

出来るだけ温かくして寝ましょう、


食事は?


やせいの動物は体調が悪い時に何も食べません。

食事をすることで、消化にエネルギーを使う必要が出てくるからだと思います。

消化に良さそうなものを少量食べるようにしましょう。

水分補給はしっかりしてくださいねー

体から発生した毒素を体外に排出してくれるので、

何も口に入らなくても、

出来れば水分をとりましょう。

もし、水分を口から取れない場合は病院で点滴を打ってもらう必要があります。


走ったらダメなの?


できるだけ、体を休めてください。

風邪をひくのは体のバランスか崩れている証拠なので、

そのバランスを戻すようにしましょう。

どうしても体を動かしたい場合は、

熱が下がってから、

短めの距離で低強度のランニングにしておきましょう。

風邪をひいたときに走っているのは、

暑い中走ってるのと一緒です。

暑い中走るといろんなものが削られるでしょ?

筋肉以外の部分だけじゃなく、

発汗や循環器系にエネルギーが必要になるのです。

免疫が負け続けると、

気管支炎とか肺炎とかにも発展してしまうので、

しかっり治しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。