栄養は武器!自分の体は食べた物でできてる!栄養は算数!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

食べ物から取り入れた栄養であなたの体はできています。

産まれた時は、おおよそ3kg。

それが今では58kg。

20倍も成長しています。

産まれてからのプラス55kg分は食べ物を摂取して自分のたんぱく質に置き換えることで

作り上げたものです。

骨なども同じように他の食べ物からの栄養を体内で組み替えて、

自分の体にしています。

これが消化吸収です。

つまり、食べたもので自分はできている。

食べ物を変えると自分の体は変わっていくのです。

今日は自分の能力を上げるためにどんな栄養を取ればいいのかについて

お伝えしていきます。


骨を強くするのはカルシウムは間違い!


骨を強くするには?

って聞かれると、

すぐに頭に浮かぶのが

カルシウム!

でも、これは間違いなんです。

骨はカルシウムとマグネシウムとビタミンDの割合が決まっているのです。

割合が例えば、

カルシウム:マグネシウム:ビタミンDが

5:2:1だとすると、

この割合は崩れることは無いのです。

ここに、カルシウムを多く摂取すると、

カルシウムが20になるとします。

カルシウム:マグネシウム:ビタミンDが

20:2:1とはなりません。

体はカルシウム:マグネシウム:ビタミンDの割合を

5:2:1に戻そうとして、

20:8:4にしようと体内の中のマグネシウムとビタミンDを探します。

そして、見つけるのです。

骨の中にマグネシウムとビタミンDがあることに、

なので、骨からマグネシウムとビタミンDを取り出すため、骨は弱くなります。

カルシウムを摂ることが結果的に骨を弱くしてしまうのです。

このように栄養素は割合がとても大切です。

体を強くするためにもバランスが大切と言われるのはこのような理由からなのですねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。