ゲルカヤノ25って重いの?実走口コミレビュー サブ3サブ4

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

アシックスのシューズの中で最高峰のサポート機能を備えるのが

このゲルカヤノです。

その最新のシューズがこれ!

ゲルカヤノ25

ビギナー向けだと思われていますが、

実はトップアスリートにもオススメなんです。

今日はそんな最強のシューズ!

ゲルカヤノ25の辛口口コミレビューを書きたいと思います。

  1. ゲルカヤノ25のメリット
  2. ゲルカヤノ25のデメリット
  3. レース向きなの?
  4. まとめ

ゲルカヤノ25のメリット

体のダメージが少ない!

このシューズを使っている一番の理由がこれです。

体へのダメージが少ない。

「体へのダメージを減らしてたら、トレーニングにならないよ。」

というMな人がいるかもしれません。

時々どんなにトレーニングを積んでも、

ダメージを受けない超回復力を持った細胞を持っているランナーもいます。

そんなランナーには全く必要のない話です。

しかし、私は違う。

普通の市民ランナーだし、

怪我もしちゃうし、

故障もしちゃう!

もともと体重も重い方なので、

関節や筋肉への負担もどうしても大きくなります。

体へのダメージが蓄積していくと、

最後は故障してしまう。

故障するためにトレーニングをしているわけではないのです。

そして一度試してみたのが、

ゲルカヤノ25の前の

ゲルカヤノ24!

ビギナー用のシューズだから自分には全く合わないだろうと思ってました。

私、一応サブスリーを目標に走っているのです。

しかし、ゲルカヤノ24を履いて走ってみて驚きました!

めっちゃええ!

ゲルがかなり入っており、
足への衝撃が少ないのです。
「クッションがすごいの?」
クッションというよりは、
不必要な衝撃をゲルが取り去っている感じです。
着地の際に沈み込むような感じもなく、
ソールは固めな印象です。
(ゲルカヤノ24の記事がこちら)
こんなにいいなら、
トレーニングシューズとして使っていこうと!
そして、ゲルカヤノ25が販売された!
ゲルカヤノなので、
体へのダメージはありません。
ゲルカヤノを使ってる期間中は故障はしたことがないんです。
これが本当にありがたい!
故障して、
足のことを気にしながらトレーニングするのは
気分的に嫌だし、
何より、パフォーマンスが落ちちゃいます。
シューズで体を守れるなら、こんないいことない!
体を守ってくれているのはこのゲル(真ん中の透明な青い部分)
アシックスのミドルグレード以上のシューズに搭載されています。

ホールド感がすごい!

着地の際にぶれやすいかかとや足首付近。

ガチっとフォールドされます。

拡大写真がこちら!

黒い部分がプラスチックになっています。

着地でグキッとかなりようがないですよね!

ここまでやるかと驚きの至れり尽くせり!

耐久性が高い!

マラソンのトレーニングってどうしても、

競技の距離が長いので、

トレーニングで走る距離も長くなります。

トレーニングの距離が長くなると、

ランナーの走り方や体格によっても個人差が出ますが、

シューズはすり減っていきます。

シューズのすり減りを極力遅らせるのがこの部分。

AHAR+って書いてあるでしょー

昔は アハー だと思ってました。

読み方は エーハー だそうです。

これが耐久性を高めた素材なんです。

この素材がシューズの一面に貼ってある。

全くすり減らないことはありませんが、
耐久性が高い素材なので、安心です。
買い替えのサイクルが遅くなるとお財布にも優しいですからね。

その他の特徴

足首を優しくホールド

足首と接する部分が分厚くなっているでしょ?

ここ柔らかいんです。

表面はすべすべしている素材なので、

すれていたくなるということもありません。

着地の際に歪みを生まない

上の写真の赤いプラスチックの部分はシューズのねじれを抑えます。
下の写真の青い縦のラインはガイダンスといって推進力になるらしいですが、
実感できたことはないです。
ゲルカヤノ25のデメリット
ゲルカヤノのデメリットは何と言っても、

値段が高い!

ということです。

定価で1万円をゆうにこえます。

いろんな機能が搭載されているので、

値段が上がるのは当然です。

重さ

他のシューズに比べると質量があります。

しかし、履き比べてわかるかわからないかという程度なので、

大きなデメリットとは言えないでしょう。

このフライトフォームという部分が新素材で、

従来のものより軽くなっております。

ゲルカヤノを履いていて重いなと思ったことはありません。

ライトレーサーを履いて、

軽いなと思ったことはありますけどね。

レース向きなの?

トレーニング用として愛用してたけど!

私はゲルカヤノはトレーニング用として愛用していました。

レースの時はやっぱり軽い方がいいなという思いがあるのでね。

しかし、この前のレースでいたんです。

3時間のペーサーについていく集団の中にゲルカヤノ25を履いたランナーが!

サブスリーを目指すランナーにはトレーニング用としてがいいと思っていましたが、

レースでも十分使えるんですね!

まとめ

縫い目がないでしょ。

最近は縫い目がないシームレス化が進んでいます。

その分軽くなるというメリットがあるのでしょう。

シームレス化の分の軽さを実感することはできませんが、

見た目がシームレスの方が個人的にはかっこよく見える!

作りがしっかりしてる!

これで故障したら、

走るフォームの何かが間違っている!と思える作り!

ナイキのシューズの裏もこういうボツボツした感じに変わっていますね。

最近の流行りなのかな?

着地時の抵抗(引っ掛かり)が少ないように思えます。

つま先もシームレス!

安く手に入れるには!

ゲルカヤノがいいのはわかった!

でも安く手に入れたい!

そんなあなたは、

セールの時期やネットでの購入をオススメします。

私はアマゾンで9000円代で購入しました。

15%オフのクーポンがたまたまやっていた時期なので!

ゲルカヤノ25の最安値を確認

ゲルカヤノ24はもっとお安くなってます。

半額以下になっている時もありますよー

チェックしてみてくださいね。

アマゾンで最安値のみをチェック!

「すべてはうまくいっている。」

以上

ゲルカヤノ25って重いの?実走口コミレビュー サブ3サブ4

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。