毎日10キロ以下のジョギングと週2回のビルドアップでサブスリー(途中経過3)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

サブスリーを目指している私。

とある本を目にして、購入しました。

その本には

「サブスリー請負人」

の文字が、、、

そこからその本に書いてあることを実践し続けてきました。

ちょうど11ヶ月になります。

今日はその経過についてお伝えします。

私が出会い、マラソンの1年をかけようと決意した本


現在の状態は?


現在の状況は結構楽にキロ4分10秒以内が出せるんです。

力を入れすぎるでもなく、抜きすぎるでもない絶妙なバランスを手に入れ始めているのかもしれません。

速いランナーってこんな感覚で今まで走っていたのかも?と思ってしまうほど

1年前の自分の走りとは違うものになっています。

走りだけじゃなく、

体も変わってきました。

特にお腹周りがすごく引き締まってきました。

腹筋は割れ、

腰の上のポニョはいなくなりました。

足の筋肉もつき、

腰や背中の筋肉も発達してきました。

いい状態の体づくりができているのが実感できます。

スピードもついてきているので、

あとは本命レースで、サブスリーを達成するのみですね。

ポイントとしては、

スピード持久力がどれだけついているかでしょう。

スピード持久力がどれだけついているかは

本番で走ってみないとわかりません。

しかし、かなり走力が付いているのは実感しています。


私のトレーニングメニュー


現在の私のトレーニングメニューは結構ハードだと思います。

毎日の10kmのジョギング

まず、基本は毎朝10kmのジョギングです。

10kmのジョギングはペースはゆっくりです。

キロ5分から6分くらいのゆったりペースで走り始めます。

気持ちのいい走りを意識して練習します。

この練習をしている時に足の着き方や前傾姿勢、

腕の振り方など、ゆっくり走るからこそ確認できるスピードの要素を見つけることができました。

ただし、スピードが落ちてしまうかもという不安があったので、

ラスト1kmはペースを上げるようにしました。

体調がすぐれない時などはペースを上げずに終わったり、

距離を短くしたりもしました。

基本的に    の感覚を大事に走りました。

練習メニューに 苦 はほとんど取り入れていません。

毎晩の体幹トレーニング

朝はランニングをして、

夜は体幹トレーニングを行いました。

タバタタイマーをインストールして、

20秒トレーニング

10秒休憩

を6種目❌3セット

行っています。

ランニングは全身運動なので、

足だけを鍛えていてもダメなんです。

全身を支える体幹がとても重要になってきます。

体幹トレーニングは毎日行っていると、

どんどん体幹トレーニングをすることが楽になってきます。

負荷を高めると良いでしょう。

週に2回の18kmビルドアップ走

この18kmビルドアップ走が走力アップの真髄かもしれません。

初めはキロ5分から6分のゆったりペースで走ります。

準備運動的な要素があるので、

ゆったり走りましょう。

そして、その後はビルドアップなので、

スピードを徐々に上げていくのが普通なんですが、

無理に上げようとしないのです。

勝手にスピードが上がっていくというのが理想です。

どうしても上がってこない時は上げる意識も必要かもしれませんが、

この18キロビルドアップ走に慣れてくると、

勝手にスピードが上がっていく感覚に気がつくことができます。

この18キロビルドアップ走の後はスピードが上がっていることが多いです。

私が出会い、マラソンの1年をかけようと決意した本

「すべてはうまくいっている。」

以上

毎日10キロ以下のジョギングと週2回のビルドアップでサブスリー(途中経過3)

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。