テナガエビの釣り堀 タイ バンコクの遊び場

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

タイのバンコクに日本では見られない釣り堀があります。

その釣り堀で釣れる生き物が珍しいのです。

今日はタイのバンコクでできるある生き物の釣り堀についてお伝えします。


テナガエビが釣れる


タイのバンコクにあるこの釣り堀。

テナガエビが釣れるのです。

しかも、かなりの大きさなんです。

写真にも写っていますが、

大人の手のひらよりも大きいのです。

この大きなテナガエビを10メートルもない釣り堀に放流してくれているのです。


システムは?


竿を借ります。

竿の先に糸がついてある竿です。

リールはありません。

ウキの位置はお店のスタッフが調整をしてくれます。

そして、よっちゃんイカみたいなエサをつけて、

釣りの開始です。

エビがエサを食べるとウキが沈んでいきます。

ウキが沈んだら、合わせて釣り上げます。

ウキが沈んだら、すぐ合わせるのか、

ちょっと待ってから合わせるのかは分かりません。

一緒に行った友達は釣っていましたが、

私はなかなか釣れなかったのでー(T . T)

定期的にエビが投入

定期的にエビが入ったカゴが釣り堀に沈められます。

この時が絶好のチャンスなんです。

タイのテナガエビは気性が荒いのか、

お腹が減っている状態なのか、

釣り堀に入った後、すぐに釣れるのです。

絶好のチャンスはテナガエビが投入された瞬間ですね!

「すべてはうまくいっている」

以上

テナガエビの釣り堀 タイ バンコクの遊び場

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。