ナイキズームフライペガサス35 マラソンシューズの口コミレビュー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ナイキのズームペガサス35

35代も続いているロングセラーなんです。

メーカーはサブ4を目指すランナーのトレーニングシューズという位置取りで

ズームペガサスを制作しています。

トップアスリートの中には、

ズームフライなどよりも、

ズームペガサズの方を評価しているランナーもいるほど

結構人気シューズなのがこの、ナイキのズームペガサスです。

今日はこのズームペガサスの口コミレビューを書きたいと思います。

  1. 着地した瞬間に前に!
  2. グリップ力
  3. ヒールストライク・ミドルフットに向いている
  4. フォアフットには?
  5. まとめ

着地した瞬間に前に!
ズームペガサスの一番の売りは、着地した瞬間にスムーズに重心が前に行くというところですね。
これは、厚底にしている効果の一つです。
特に足首の真下がかなり厚みがあるので、
その分、前に行こうとする推進力が生まれるのだと思います。
また、かかと部分が厚く、
つま先部分が薄くなっているため、
より、前方向に進みやすくなっています。
シューズが自分の体を前に前に進ませてくれる感が強いシューズです。
厚底になっているので、
衝撃をかなり吸収してくれます。
アシックスのゲルと同じように、
衝撃を和らげてくれている印象ですね。
グリップ力
ナイキのこの黒いゴムの部分はかなり耐久性が高い素材です。
ズームフライをレースシューズにしているのですが、
黒い部分はあまりする減っていません。
耐久性に驚かされます。
グリーップ力もつぶつぶになっている分、
高いです。
滑りにくいという印象です。
滑りにくいので、
後半の体力が低下して、
足が上がりにくい時には、
地面に足を引っ掛けないように気をつけないといけません。
ヒールストライク・ミドルフットに向いている
かかとからの着地をサポートしているかかと部分の出っ張りがあります。
ヒールストライク着地のランナーにはもってこいの機能ですね。
ぜひ、ヒールストライク着地のランナーで、
サブ4ランナーやサブフォーを目指すランナーにオススメのランクとなっています。
ソール面を見ると、
曲たんな凹凸がないので、
ミドルフットにも向いている感じです。
フォアフットには?
私はフォアフットなんですが、
フォアフット着地をすると、
つま先部分が薄くなっているため、
衝撃が諸に足にきてしまいます。
私がお勧めするトレーニングシューズが此方 ➡︎私のお勧めトレーニングシューズ
フォアフットのランナーはできれば違うシューズを選べM小。
まとめ

   

通気性がいい

メッシュ構造になっているので、

蒸れにくくなっています。

困った点

ナイキのシューズに多いのですが、

紐が平べったいからか、

表面がツルツルしているためか、

解けやすくなっています。

このシューズでレースに出るときは必ず、2回靴紐を結んだ方がいいです。

ズームペガサス35の最安値を確認

「すべてはうまくいっている。」

以上

ナイキズームフライペガサス35 マラソンシューズの口コミレビュー

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。