渋滞が多いバンコクで、渋滞知らずの乗り物がコレだ!安くて速い、でもにおいが、、、

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

バンコクはかなり渋滞します。

特に平日の朝のラッシュは車がなかなか進みません。

そのためなかなか思うように目的地に着かない場合があります。

道路が混むので、バス、タクシー、トゥクトゥクはかなり時間がかかってしまいます。

そんな時につかえる乗り物をお伝えしていきます。



バンコクは大きな川があります。

チャオプラヤー川です。

中学の社会で覚えないといけない川の1つです。

(他にはナイル川、ユーフラテス川、黄河、アマゾン川などがありましたっけ?)

この川を運行する船があり、十数バーツで乗ることができます。

しかし、今回オススメするのはさらに小さな船なんです。

バンコクの中心部には細い運河があります。

大阪の道頓堀みたいな感じです。

大阪も運河が都市の中心部を流れていますよね。

バンコクも都市の中心部を運河が流れているのです。

しかも、セントラルワールドの近くです。

ここから、東部に行くことができます。

しかも、日本円で100円以内の料金で行くことができます。(目的地によって値段が変わります。でも、遠くても100円以内です。)

とにかく早い

この運河を進む船なんですが、

渋滞がないので、

遅れたり、停滞して動かなかったりということがありません。

しかも、運転手の人も慣れているのか、

全速で進みます。

どの船も全速なので、すれ違うときにはかなりの波しぶきが飛びます。

波しぶきがかからないように、

ビニールシートがあります。

こんなビニールシート

柱についているヒモを乗客が引き、シートを持ち上げます。

人数が多ければどのシートも持ち上げられて、波しぶきがかかることはありませんが、

乗客が少ないとシートが上がらないので、

波しぶきがとんできます。

運河の水は臭う

運河の水は臭います。

日本でいうとドブの臭い。

大阪の道頓堀の水の臭い。

その臭いの波しぶきが飛んでくるのです。

ちょっと嫌ですよね。

波しぶきが飛んできて、顔にかかるのが嫌なので、乗るときは使い捨てのマスクを着用して乗るのがよいでしょう。

メリットもあれば、デメリットもあります。

速さと安さ、利便性がメリットですが、

この臭いがデメリットですね。


渋滞に影響されない他の乗り物


渋滞に影響されない他の乗り物は、

電車です。

バンコクには3種類の電車?があります。

国鉄
スカイトレイン BTS
地下鉄 MRT

国鉄

かなり安くです。日本円で15円とかレベルの安さです。

でも、クーラーがなく、扇風機だったり、

時間が遅れることが多いです。

スカイトレイン BTS

モノレールです。

値段は距離によって異なりますが、

高くても日本円で200円以下です。

バンコクの主要な箇所を走っています。

地下鉄 MRT

日本の地下鉄と同じです。

切符の代わりにトークンというものを買って乗ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。