ドンムアン空港から安くバンコクに行く国鉄 ファランポーン まで5バーツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ドンムアン空港からバンコク市内に行くには、

タクシー、

エアポートバスとBTSというスカイトレインを使う方法、

そして、国鉄という方法があります。

今日はその一つ

国鉄でドンムアン空港からファランポーン駅にいく方法についてお伝えしていきます。


料金が安い!


ドンムアン空港からファランポーン駅まではだいたい電車で

1時間ほどの距離があるのですが、

料金が安いのです。

なんと

5バーツ

日本円にすると

15円!

日本で電車に1時間乗って15円てありますか?

15円で買えるものの方が少ないでしょう。

実は、子供料金もあって、

子供は3バーツなんです。

日本円でいうと

9円

他の行き方はこの10倍以上の料金がかかります。

この国鉄の料金が安すぎるのです。

駅のトイレは有料

駅のトイレは有料なんです!

驚きでしょう。

タイは駅にトイレがないところも多く、

コンビニにもトイレはありません。

国鉄の場合はトイレがあったんですが、

有料なんです。

しかも、値段は3バーツ!

子供料金と同じやん!

トイレと子供の運賃が一緒ってどんだけ安いんだ!

と驚かずには入られません。


冷房は効かない!


なぜこんなにも安いかというと、

クーラーが効かないんです。

効かないというか、

そもそも、クーラーがないのです。

自然の風と扇風機の風のみになります。

まあ、5バーツだから仕方ないですね。


ホームが低い!


この電車、ホーム?が低いのです。

ホームが低いというより、

ホームに高さはありません。

乗客が電車に階段を使って登っていくのです。

なので、大きい荷物を持っていると乗車するのも一苦労になります。

しかし、電車の台車も見ることができるので、

乗り鉄の方にはたまらない景色となります。

国鉄は時間通りには運行されないことが多いみたいなので、

時間がない時は避けたほうが良いかもしれません。

ただ、時間があるときにはレトロ感を味わうのも良いかもしれません。

そして、浮いた交通費で美味しいものを食べるのも旅の楽しみの一つですね。

「すべてはうまくいっている。」

以上

ドンムアン空港から安くバンコクに行く国鉄 ファランポーン まで5バーツ

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。