ジップラインやエレファントサンクチュアリ!チェンマイの人気アクティビティーを安くできる方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

日本でネットで予約することもできるチェンマイでのアクティビティー

でも、参加費をより安くする方法があるんです。

お金に余裕は無いという人のみ読んでください。

お金は十分にある

とい人は必要ないと思います。

それでは、チェンマイでのアクティビティーをより安くする方法をお伝えしたいと思います。


現地の知り合いに頼む


日本で頼むと中間マージンを取られたり、

ネットを見てても、

これ、倍以上とってるー!

と驚く値段のものもあります。

しかし、相場がわからないので、

そのままネットで予約する人もいるでしょう。

お金に余裕のある人は

日本で予約すると楽ですし、

色んな人を潤われせることも経済を回すことにつながりますので、いいと思います。

ただ、少しでも値段を抑えたいという人は、

現地の知り合いに頼むのもよいでしょう。

私も現地の知り合いにお願いして、予約してもらいました。

現地方が安いです。

私も1,800円くらい安くなりました。

しかし、なかなか知り合いがチェンマイにいる人っていない。

次は知り合いが現地に居なくても安くなる方法をお伝えします。


現地で予約


チェンマイはアクティビティーの代理店みたいなところがたくさんあります。

アクティビティーの事務所もあるので、

そこで予約をするのが1番安いです。

グーグルマップでジップラインなどの言葉を打ち込むと市内の事務所が出てきます。

そこに行って自分で交渉すると安くなります。

タイでは、交渉すると値段が下がることが多いです。

値段が下げれない場合はその説明を詳しくされますので、

どんどんディスカウントしましょう。

日本人は主張せず、要求された料金を支払うので、最初から高い設定で値段提示されます。

「ロッ ダイ マイ!」

ととりあえず言いましょう。

値段を聞いた時には、

決まり文句です。

日本語訳すると

「まけてください」

です。

これで半額になったこともあります。

言う時は恥ずかしいかもしれませんが、

旅の恥はかけすてです。

犯罪でもないので、

臆せずに言いましょう。


航空チケットも安くなる!


航空チケットも安くなります。

これは

「ロッ ダイ マイ」

と言うのではありません。

航空カウンターに行って、

「まけてください」

と言ってもまけてくれる航空会社が日本でもないように、

海外でも、

カウンターでまけてといって

まけてくれる会社はありません。

「どうしたらいいの?」

はい、航空チケットを買う前の一手間が料金を下げます。

それは航空チケットの値段比較のサイトを活用することです。

私はそれで、

最安値でタイに行きました。

同じ飛行機でも、

値段は一律ではないのです。

電車と飛行機は違うのです。

予約する条件によって値段は大きく異なります。

電車は定額か、

より値段が下がって手に入れることができますが、

飛行機は時価です。

早ければ早いほど安い傾向にあります。

直前とかは結構高いです。

下に私が使ったサイトを乗せておきます。

私はこのサイトを使って夏休みに関西空港とタイのドンムアン空港の往復35000円台で行くことができました。

LCCですが、かなり安いです。

以下に参考に載せておきます。

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

「すべてはうまくいっている。」

以上

ジップラインやエレファントサンクチュアリ!チェンマイの人気アクティビティーを安くできる方法

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。