厚底シューズと薄底シューズ!トレーニング用として使うなら!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

薄底シューズと厚底シューズ

どちらがいいのかという論争は特にナイキのヴェイパーフライが出てから

その熱が高くなりました。

ヴェイパーフライはレース用なんですが、

今日はトレーニング用のシューズはどちらがいいのかということについて

述べていきたいと思います。

まず、結論を述べます。

断然、厚底シューズです。

個人的な見解ですが、なぜトレーニングシューズは厚底シューズが

いいのかについて述べていきたいと思います。


それぞれの長所


薄底も厚底もそれぞれ長所があります。

長所がなければこの時代残っていません。

まず、薄底の長所です。

私はライトレーサーという薄底でかなり軽いシューズを持っています。

履き心地もいいです。

薄底の長所はズバリ

軽さ

です。

余分なサポート機能を排除することによって

より軽量化を果たしています。

マラソンは42,195kmという長い距離を走るので、

軽いほうが走りやすいです。

次に

厚底のシューズの長所です。

厚底シューズの長所は

サポート機能が充実している点です。

クッション性がよく、

関節や筋肉に急激な負担をかけずに走ることができます。

また、X脚やO脚の人も走りやすいように、

素材を駆使して、

着地時に脚の変形が少なくなるように作られています。


薄底シューズ 厚底シューズの短所


物事には必ず2面性があります。

表と裏があるんですね。

シューズも同じです。

長所もあれば短所もあります。

薄底シュースの短所

薄底シュースの短所は

故障しやすいことです。

薄くなっているので、

シューズ自体のサポート機能が少なく、

強靭な脚を作り上げていないと、

関節や筋肉に過度の負担がかかり、

栄養状態が足りていない場合には、

痛みが出始め、故障という結果につながる可能性が

高くなります。

厚底シューズの短所

厚底シューズの短所は重いという点です。

サポート機能やクッション性が高いので、

その分、部品が多くなります。

そうするとその部品の分だけ重量は重くなります。

というのは、

昔の話で、

さすがのメーカーさんも技術を磨き、

軽い素材を開発してきました。

アシックスでいうとフライトフォームという素材です。

クッション性はあるけど、

軽い。

しかし、それでも、軽さは薄底の方が軽いですが、

履き比べないと分かりません。

また、サブ2、0という企画で誕生したナイキのヴェイパーフライなどは

(これは高い・・・)

厚底でもかなり軽くトップアスリートがこぞって履いています。

市販されている企画としてはズームフライなどがあります。

(ちなみに私のレーシングシューズはズームフライです。記録は3時間5分)


私が厚底シューズを選ぶ理由


薄底シューズでも厚底シューズでもいいシューズが沢山あります。

しかし、あえて私が厚底シューズを選ぶ理由は、

  1. 故障したくない
  2. 重さもトレーニングの一つと考える
  3. 厚底でもスピードは出る

故障したくない

これが一番の理由です。

どんなにタフな人でも、

膝軟骨などの関節の軟骨はすり減ってきます。

髪の毛のようにどんどん生えてくるというものではなく、

すり減ると回復しないのが軟骨らしいです。

長く走り続けることができるよう、

守り続けたいのは自分の体です。

自分の体の代わりにシューズが消耗していってくれます。

マラソンのトレーニングは結構長い。

距離も長いし、

時間も長い。

手軽に10分とかで完了するメニューってないです。

基本10kmのジョグ。

レースが近づいてきたら、

20kmとか30kmとかの距離を練習する人も多いはず。

そうなると、

足にはかなりの負担がきます。

マラソンを走ったことがある人はわかると思いますが、

シャツとすれた部分の皮が破けて、血が出るということがあるほどです。

足や腰にはかなりの負担がかかるんです。

その負担から、

大事な大事な自分の体を守りたい。

そして、できるだけ長く今世はスポーツを楽しみたい。

そう思うのです。

重さもトレーニングの一つと考える
厚底は薄底と違って重量があります。
でも、その差って大きくて200グラム。
この重さって紙コップ1杯ぶんの水の重さくらい。
しれてると言っちゃあしれてる。
(それでも、軽いほうがいいけど。)
レースの時はできるだけ軽いほうがいいと思うのですが、
今回はトレーニングなので、
軽くなくてもいいと思っています。
巨人の星のアニメでも、
養成ギブスをつけて練習する場面があります。
多少の負荷がかかるのは良いトレーニングになると思います。
特に重さは衝撃ではないので、
故障もしにくい種類の負荷ですね。
厚底でもスピードは出る
川口選手は普段GT-2000NewYorkを履いて練習しているらしいです。
故障を防ぐためとキロ3分はそのシューズでも可能だということを
インタビューでも答えています。
確かに、厚底シューズでもスピードを上げることは可能です。
ただ、薄底シューズの方がスピードは出やすいと思います。
駅伝などの短い距離の場合は薄底シューズの方が良いかもしれません。
しかし、フルマラソンはキロ3分で走ることって一般アスリートの場合
ほとんどありません。
だって、キロ4分でフルマラソンを走ると、
2時間49分くらいなので、
この速度で走れたら、スーパー市民ランナーです。
私もGT−2000ニューヨークの現行モデルを使っていますが、
十分キロ4分で走ることができます。
総合的に見て、
トレー二ングシューズは厚底シューズを使っています。
そして、つい最近新しい種類のシューズを購入したんです。
私はフォアフットで練習しているので、
どうしても母子球周辺が極端にする減ってしまいます。
そして、出会っちゃいました。

私のイチオシ厚底シューズがこれだ!

旧モデルはかなり安い!予算を抑えるならコッチ

「すべてはうまくいっている。」

以上

厚底シューズと薄底シューズ!トレーニング用として使うなら!

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    I go to see everyday some web pages and websites to read
    articles or reviews, but this webpage offers feature based content.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。