高野山 パワースポットを体験してきた!奥の院はスゴイ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

空海が開いた真言宗。

その総本山とも言うべき場所が高野山です。

歴史の勉強でも必ず出てくる場所です。

パワースポットとも言われる高野山で、普通の私でも全く違うという事がわかるくらいすごいパワーを体感しました。

今日はそのことをお伝えします。


高野山のエリアの入り口にある大門


高野山の玄関となる大門。

あまりのスケールの大きさに驚かされます。

昔の人はこんな大きな建造物を山の上に立てることができたんだなと驚きます。

建物もすごいですが、

この木の大きさ分かります?

手前の人は階段を上っていなくて、

木は階段の上にあるのです。

神木と言えるほどの巨木がとても多いのです。

高野山のエリアマップです。

全長数キロに及ぶエリアにたくさんのお寺が建っています。


パワースポットを体験する前に運気を上げる!


まず、最初に行ったのが、

大師教会です。

ここで、写経と授戒を行います。

授戒は1時間おきに行われています。

ただし、行われる時間帯が決められており、

授戒の時間

9時  10時  11時     13時  14時  15時  16時

所用時間は30分

この奥の建物で授戒を行います。

建物の中はろうそくの火と階段を照らす電燈だけで、

真っ暗になります。

授戒中は出入りができないです。

お香の匂いと、

この真っ暗な環境とが相交わって、

非日常を味わうことができます。

また、阿闍梨様から法話をしてもらいます。

こんなことをしてはいけないよということや、

感謝できる感性を持つことの大切さをその時は教えてもらいました。

暗闇なので、阿闍梨様の顔を見ることはできませんでした。


写経も体験 写経ってα波の極み


大師教会の受付で、

写経をしたいということを告げて、

二階の写経室にいきます。

手につけるお香をつけます。

このお香がとても落ち着く香りなのです。

(お土産で売ってたら、買っちゃうな。)

ここが写経室です。

座卓以外に普通の机もあるので、

膝が痛い人は机で椅子に座って写経をすることができます。

これが写経の紙です。

一枚の紙なのですが、

裏にお経が印刷されており、

なぞることで写経ができます。

単純な作業なのですが、

寝落ちするみたいに気がついたら、

書きながら意識が飛んでしました。

こんな経験は初めてでした。

写経ってなかなかすごいです。


奥の院のお墓がすごすぎる件


奥の院に行くまでの間に2kmもの道があります。

その道の途中にはお墓が並んでいるのですが、

そのお墓がすごいんです。

例えば、

加賀藩 前田家の墓

会津藩 伊達家の墓

凄すぎませんか?

他にも四国の長宗我部家

薩摩の島津家

豊臣秀吉の墓

石田三成の墓

明智光秀の墓

織田信長の

すごくないですか?

有名な武将のお墓がここ高野山の奥の院に

あるのです。


さあいよいよ奥の院


奥の院の橋を渡ると全く空気が変わります。

橋が結界の入り口で結界に入ると違う世界みたいな感じです。

もうそれが肌で感じられます。

この奥の院の橋を渡ったエリアは携帯電話の使用も禁止されているエリアです。

みろく石を持ち上げる

みろく石は善人が持ち上げると軽くて、

そうでない人が持ち上げると重いと言われている石です。

実際に持ち上げてみましたが、

かなり重い!

まあ、私は悪人ですねぇ。

お堂ですること

お参りも当然なんですが、

地下にいって、

金剛杵や大きな数珠を触って体の痛いところをさするといいと言われています。

また、白い布に映し出されている大師の姿を見るのも忘れずに!

もうこの奥の院のエリアは肌で感じるくらい別格な感じを受けました。


壇上伽藍への道がインスタばえ



高野山金剛峯寺


教科書にも出てくる、金剛峯寺。

とても綺麗な環境です。

バクみたいな生き物の姿が見られました。

なかなか珍しい。

「すべてはうまくいっている。」

以上

高野山 パワースポットを体験してきた!奥の院はスゴイ

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Cialisonline より:

    kodakusanpapa, thank you for this post. Its very inspiring.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。