いづも庵 淡路島でしか食べられない玉ねぎうどん華とは!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

「淡路島でうどん食べたいんですが、おすすめの店ってありますか?」

って聞くと、必ずこの店の名前が出てくる。

それが

いづも庵

さんです。

しかもここでしか食べることができない、

淡路産の玉ねぎを丸ごと天ぷらにした玉ねぎ天ぷらうどんと言うものがあるのです。

今日はそのいづも庵の玉ねぎうどんについて

お伝えします。


インパクトが大


インパクトが大きいです。

小さな玉ねぎかと思いきや、

いえいえ何と、普通の大きさの玉ねぎが丸ごと出てきます。

上の写真にフォークとナイフが付いているのがわかりますか?

このフォークとナイフで切り分けて食べるのです。

まあかじりついても大丈夫なんですが、

もうこのシチュエーションだけでもインパクト大ですね。


お味は?


天ぷらはサクサクです。

玉ねぎも甘いのですが、

出汁も甘めに味付けがされており、

天ぷらにあった出汁となっています。

淡路島なので、

玉ねぎの天ぷらに意識が行くのですが、

特筆すべきはうどんだと思います。

このメニューのうどんだけ、

細うどんになっています。

店員さんに確認したところ、

玉ねぎの天ぷらうどんだけ細うどんを使用しているとのことでした。

麺に出汁がよく絡むように細麺にされているというこだわりです。

確かに出汁が麺によく絡んで美味い!

そこに玉ねぎの天ぷらを加えて口の中に運ぶと

甘さと天ぷらのサクサク感、うどんのツルツルが混じって

かなりの美味さを演出しています。

一度食べてみるのをお勧めします。


他のメニューも!


他のメニューもなかなか美味しい!

したの写真はかけうどんになります。

わかめが入っているし結構ボリュームもあります。

このわかめは鳴門のわかめです。

このかけうどんで600円代と価格も抑えてあります。

玉ねぎの天ぷらうどんは冷水でしめてツルツルなんですが、

かけうどんは暖かいうどんなので、

もちもちとしたのどごしです。

讃岐うどんが好きな方は断然、玉ねぎの天ぷらうどんが気にいるでしょう。

「すべてはうまくいっている。」

以上

いづも庵 淡路島でしか食べられない玉ねぎうどん華とは!

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。