日本1タフなフルマラソンコース 香住マラソンの体験レポート

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

この大会はいろんな事が他の大会とかけ離れています!

インパクトはスゴイ!

今日は香住マラソンの体験レポートをお伝えします。

香住ジオパークフルマラソン

フルマラソンや他の距離も有り、

いろんなランナーが楽しむことができます。

場所は兵庫県の北部、

香住で行われます。

香住はカニや魚介類の水揚げが多く、

観光客で賑わう場所です。


土曜日に開催


ほとんどのマラソン大会が日曜日に開催されているのですが、

香住マラソンは土曜日に行われます。

つまり、前日の受付がないのです。

ゼッケンやタグ、参加賞のTシャツは1週間前に

郵送されてきます。

当日もらえる参加賞の引換券もこの時に一緒に封筒の中に

入れられて送られてきますので、

当日忘れずに現地に持って行きましょう。

後は封筒には、

近くにある温泉の割引券なども入っていますので、

有効活用できます。

この周囲には温泉がたくさんあるので、

走った後の疲労しきった体をゆっくりと癒すことができます。

封筒に入っているタグは靴につけるタイプのものです。

このタグのつけ方なんですが、

私は写真のように横長につけたんですが、

他のランナーの中には、

縦長につけている人もいました。

確かに縦長の方が

スマートで、

空気抵抗も少ないような気がする。


駐車場は?


駐車場は数カ所あります。

でも、ランナーの方が一人1台車に乗って会場に来ると

駐車場は多分足りません。

シャトルバスも運行していたのですが、

どこに乗り場があるのか、

だいたい何時くらいに来るのかのお知らせがないので、

ちょっと不安になります。

歩いて移動できない距離でもないので、

シャトルバスに乗らなくても、会場までは徒歩で行けるので大丈夫だと思います。


トイレは?


参加者の規模に対してトイレの数は足りてます。

公共のトイレもあるのですが、

この公共のトイレは大で並んでるのか小で並んでいるのかが分からないので、

分かるようになればいいのになって思いました。


コースは?


コースなんですが、コースはかなりタフです。

まず、高低差が80m!

よくまあ走れたなぁと自分でも感心するくらいの傾斜があります。

それが1つではないのです。

折り返しがあるので、

大と中を合わせて、

合計4回のアップダウン

を体験しないといけないのです。

登りもキツイのですが、

下りで足の筋肉がやられます(T-T)

下りでスピードを出して時間を稼ごうとしたのが、より足に負担を与えたのかもしれません。

でも、かなりの傾斜なので、

ゆっくり行っても太ももにくるコースです。

このコースを経験したら、

普通のコースはなんて優しいんだろうと思ってしまうほどのタフさです。

初マラソンでは、

絶対オススメしない大会ですね。

マラソンを嫌いになっちゃうかもしれません。

それほどのコースです。

フルマラソン以外に途中下車コースというのもあり、今となってはなるほど、いるわ!

と納得です。


参加賞がスゴイ!


実は今回のお目当てはこの参加賞なんです。

タイムを狙うにはコース的にも、季節的にも難しい。

しかし、お土産がたくさんもらえる大会。

それが香住マラソンなんです。

ゴールした後に出迎えてくれるのは

高校生ボランティアの方々で

活気あふれるステキな高校生達でした。

イヤイヤな雰囲気は無く、

ボランティアを楽しんで取り組んでくれてるのが伝わってきます。

そして、爽やか高校生達の出迎え後はこの看板!

やっぱりカニで有名な香住なので、

カニが振舞われるのです。

地元の美人集団の方々です。

お休みの日にも関わらず、

ランナーのために朝から、

カニ雑炊の用意をしてくれています。

本当にありがたいですね。

走った後に振舞われる品

見てください。

マラソンでカニが出ます。

サザエのつぼ焼きも出ます。

サザエのつぼ焼きは目の前で炭火で焼いてくれます。

こんなことってありますか?

香住だからこそできるアットホームさですね。

本当にありがたい!

ゆでガニの半身も振舞われました。

しっかりと身があり、食べ応えありました。

個人的には蟹雑炊が一押しでした。

家族も応援にきてくれていたので、

家族と一緒に食べました。

本当にほんわかした気分で過ごせました。

お昼ご飯も兼ねて、

近くに露店が出ており、

焼き鯖寿司とカニのちらし寿司、

を購入!

なんと出店していたのは、

有名なみなと館で、

妻がそのことに驚いて

「みなと館さんなんですね。」

と話をしていると、ホルモン焼きそばをおまけしてくれました。

ありがとうございます。

焼き鯖寿司は絶品でしたね。

お昼過ぎだったのですが、

焼き鯖寿司も蟹のちらし寿司も最後の1個でした。

来年は2個ずつ買いたいな。

マラソンを走った後に良質なタンパク質を美味しく取ることができ、

体も心も喜んでいました。

実はこれだけではないのです。

トレーナーによるマッサージ!

いろんなブースがあったのですが、

国家資格を持つトレーナーによるマッサージコーナーがありました。

しかも、10分の施術でお値段は

お気持ち!

つまり、いくらでも構いませんっていうなんと太っ腹な対応!

トレーナーは体に関する知識量が豊富なので、

安心して任せることができます。

私がしてもらうまでにもう100人ほど施術したと言ってました。

足がボロボロだったので、

マッサージをしてもらい、

だいぶ楽になりました。

本当に人の温かさを感じる大会でした。

来年も是非参加しようと思います!

参加賞がすごい!

実はこれだけでは終わらなかったのです。

参加賞を走り終わった後にもらうのですが、

この参加賞も豪華!

まず干しカレイです。

かなり上品なお味でした。

2才の息子がもっともっとと催促するほどの美味しさ。

しかもこの量!

我が家が8人家族なのを知っているのかな?

と思う数じゃないですか!

続いて旨干し

今まで食べた事がない魚がほとんどでしたが、

かなりうまい!

子供にはあげたくないほどの美味しさです。

味はシンプルなんですが、美味しい。

日本酒とかに合いそうな一品です。

驚くべきはその歯ごたえですね。

干してあるけど、

プリプリ。(真ん中の魚)

とても柔らかい。その柔らかさは蒸し穴子をさらに柔らかくした感じです。

(長い魚)

一番下に写っている魚は香ばしい感じでした。

ハタハタです。

このお魚は有名ですよね。

このハタハタも鮮度がいいのか

臭みは一切なく美味しくいただきました。

そして、ご飯の友

のり

私、このタイプののりは添加物が多いので、

その味がしちゃうので結構最後まで食べきることができないことが

あるのですが、

こののりは嫌な味が全然しない。

添加物が入っていないわけではないんですが、

不思議です。

こののりは3日ほどでなくなってしまいました。

ご飯の上に卵をのせて、

その上にのりをのせていただきました。

この食べ方絶品です。

また、試してみてくださいね。

そして梅と酢のドリンク

飲みにくいかなと思いきや

酸っぱくもない感じです。

クエン酸をとって、

体を回復させる意図かな?

こちらは普通です。

移動は車かバス、飛行機で但馬空港まで来て移動がいいと思います。

格安のチケットを探す場合は参考にしてみてください。

大黒屋トラベルの国内格安航空券


まとめ


香住マラソンはコースがとにかくタフです。

アップダウンはかなりきつくて足へのダメージはかなり大きくなります。

走れないほどではないですが、

しっかり準備しておくことが重要ですね。

どのレースも同じなんですが、

35kmからはアップダウンと距離のダブルパンチで肉体的にも精神的にもきついので、

とにかく足を前に前に運ぶ意識でいきましょう。

記録が出にくいコースですが、

いろんな意味で良い経験になります。

「すべてはうまくいっている。」

以上

日本1タフなフルマラソンコース 香住マラソンの体験レポート

でした。

香住の皆様、スタッフの方々、ありがとうございました。

来年もぜひ、よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Hey I am so delighted I found your webpage, I really found
    you by error, while I was looking on Digg for something else, Nonetheless I am here now and would just like to
    say thank you for a fantastic post and a all round interesting blog (I also love the theme/design),
    I don’t have time to read through it all at the moment but I have saved it and also included your RSS feeds, so when I have time
    I will be back to read more, Please do keep up the fantastic work.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。