足の裏側や指が痛い!ランニングはやめておいたほうがいい?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

足の裏側や指が痛い。

ただいまの私の状態です。

今日はそんな私の近況と対処方法についてお伝えしようと思います。

足が痛い

ここ1か月くらいずっと足の裏側が痛い。

足の親指の付け根から足の裏にかけてずっと痛みがある。

左足の親指は右の親指と違い曲がらない。

なかなか、まずい状況なんです。

原因は?

おそらく原因は毎日走り続けていることで

足に負担がかかっているのだと思います。

現在は毎日8キロから10キロを走っているので、

足への負担はかなり大きくなっています。

走るペースは1キロ5分前後のジョギングです。

しかし、毎日というのが大きな負担となっているのだと思います。

体重の増加

毎日走るとお腹が空き、

たくさん食べてしまいます。

トレーニングも行っているので、

筋肉もつきます。

筋肉は脂肪よりも比重が重いので、

体重は増えてしまいます。

筋肉だけでなく、脂肪をついてしまいますが、、、

この体重増加は足にかなりの負担を強いています。

体重はベストよりも4キログラムも増えてしまったのです。

赤ちゃんを抱いて走っているようなものですよね。

または、ランドセルを背負って走っているような感じでしょう。

解決策

この足の痛みの解決策はあります。

それは実に簡単なことなんです。

走る。その後しっかりケアをする

目標があるから、走ってしまう。

走りながら、痛みがなくなって位いくことがあるんじゃないかと

どこかで考えてしまう。

本当はダメだと思っていても走ってしまうんです。

ハイリスクハイリターンみたいに、

もしかしたら、故障になってしまうかもしれないが、

これを乗り越えて速くなるかもしれない。

どうしても、リスクのある方をとってしまいます。

アスリートのさがかもしれません。

ダメだなと思います。

でも、走っちゃうんですよね。

こうなったら、走りながら治すしかない。

鍼治療が一番効くと教えてもらったのですが、

できるだけ、病院には行きたくないので、

トレーニングと栄養で乗り越えたいと思いました。

たんぱく質を取る

筋肉の傷を修復するのに、まず大事なのが

たんぱく質です。

トレーニングは筋繊維を切って超回復することで、

以前よりも強くなることを目的として行っています。

筋肉の修復のためにはかならずたんぱく質が必要になります。

たんぱく質はセメントだと考えてくださだい。

壊れていても、セメントがなければ、補修することができません。

たんぱく質をしっかりとることを意識しましょう。

トレーニングを続けているといつのまにか足の裏に痛みがある。 トレーニングを中断して何週間か安静にしても運動を再開すると痛みが出る。 ...

「すべてはうまくいっている」

以上

足の裏側や指が痛い!ランニングはやめておいたほうがいい?

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Every weekend i used to pay a visit this site, for the reason that i want enjoyment,
    for the reason that this this website conations truly good funny
    information too.

  2. minecraft より:

    Admiring the hard work you put into your blog and detailed information you provide.
    It’s good to come across a blog every once in a while that isn’t the same out of date rehashed information. Fantastic read!
    I’ve saved your site and I’m including your RSS feeds to my Google account.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。