安くて簡単!ロードバイクのチェーンのメンテナンスのやり方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ロードバイクは速い。

しかし、その速さはしっかりとしたメンテナンスが

あった上での話です。

しかも、普通の自転車と違い、

ロードバイクのメンテナンスの頻度は高いです。

今日は自分でできるチェーンのメンテナスについてお伝えします。

自分でメンテナンスできるようになると楽しいですよ。


必要なもの


パーツクリーナーです。

古いチェーンオイルや汚れを落とすのに使います。

スプレー缶なので管理がとてもしやすくおすすめです。

かなり大きなサイズです。

840ml入っています。

ただし、普通に使うと結構消費してしまい、

コストが上がってしまうので、

私が実践するローコストメンテのコツを

お伝えしていきますね。

次に

チェーンオイル

これは絶対に必要なので、

できれば効果ですが高品質のものを選びましょう。

私はいつも写真のものを使っています。

自転車を組んでくれた老舗の自転車屋さんおすすめのオイルです。

冬の寒い時は固まってしまうので、

手で温めて、液体状にしてから使用してください。

ロードバイクを扱っているお店なら置いています。

※アマゾンの方が200円ほど安いなんて!

そして次は、

チェーン洗浄ブラシ

これはチェーンを洗うために使用するのですが、

真鍮製のブラシでも構いません。

私は真鍮製のブラシを使っています。

形としては、大きい歯ブラシのような形になります。

パーツクリーナーを受ける容器

これはなんでも構いませんが、

私は、

捨てれる

0円

どこにでもある

パーツクリーナーが飛び散っても安心な面積

の理由で食品トレーを綺麗に洗ってから使用しています。

お肉の脂がチェーンに着くのは嫌ですからね。

写真はありませんが、

ウェス

古い布などで代用してくださいね。


メンテナンス開始


パーツクリナーで汚れを落とす
まずはパーツクリーナーで汚れを落としていきます。
どこから始めてもいいのですが、
わかりやすいように
チェーンのつなぎ目があるので、
(チェーンの丸い部分が一つだけ黒く平らになっている)
そこをスタート地点にするとどこから始めたっけ?
ということがなくなります。
(汚れが落ちているので、よっぽどでない限りスタート地点はどこにしてもわかります。)

こんな風にチェーンの下にトレーを当てて、

パーツクリーナを吹き付けていきます。

トレーに溜まっているのはチェーンの汚れです。

ある程度進むとトレーには写真のように

パーツクリーナーの液がたまります。

このまま続けてもいいのですが、

コストを少しでも抑えるために、

チェーンブラシの登場です。

ブラシにトレーの液をちょんちょんとつけて、

パーツクリーナーの液をチェーンに付け磨いていきます。

こんな感じで、チェーンの汚れがどんどん落ちていきます。

ウェスで汚れを取る
次にウェスでチェーンの汚れとパーツクリーナーの液がたれてしまわないように
拭きます。
ペダルを回しながら、
チェーンにウェスを当てて拭くとやりやすいです。
(ギアに布が挟まらないように気をつけてくださいね。)
この時に、
チェーンだけでなく、
ギアについている汚れも取れる範囲でとっておきましょう。
こまめなメンテナンスがとても大切です。
チェーンオイルをつける
いよいよチェーンオイルをつけます。
冬場で固まってしまっている場合は手で温めて
液体にしてください。
私は、以前ストーブで温めたところ、
容器が変形してしまいました。
ストーブやファンヒーターで暖めるのは危険です。

チェーンにオイルをつける前にやっておいて欲しいことがあります。

それは、

先ほどまで使っていた容器をチェーンの真下に置くことです。

チェーンオイルは結構垂れてしまいます。

冬場はすぐにチェーンオイルの先のオイルが固まってしまい、

えいっ!

と容器に圧力をかけると

固まって栓になっていた部分が取れて、

容器の中に入ってあるチェーンオイルが飛びます。

押さないと出ない。

押しすぎると飛ぶ。

冬場は、この加減が難しいです。

夏場は全くこの心配はありません。

固まることがないので、、、

チェーンを回転しながら、

オイルをつけていきます。

この時はどこからスタートしたか分かるように、

チェーンの丸い部分で一つだけ色の違う(黒っぽくて平らな)ところを

探してその部分からスタートしましょう。

仕上げ
最後に仕上げです。
ウェスでチェーンについている余分なチェーンオイルを拭き取っておきます。
(余分なチェーンオイルが付いているとそこに砂や埃がついて新たな汚れになります。)
チェーンのメンテナンスの知識として、
3000KMを目安にチェーンは取り替えましょう。
チェーンの取り替えも自分で行うことができます。
難易度はチェーンのメンテナンスよりも難しいですが、
できるようになること自体が楽しいと思います。
自分でもできるけど、ショップにお願いするのと、
自分ではできないからショップにお願いするのは
意味が大きく異なると思います。
自分が思っている以上にメンテナンスってできますよ。
できにくいものもあるので、
(例えば、クランクやBBのメンテナンス)
それはショップに頼みましょう。

まとめ


必要なもの


パーツクリーナー

古いチェーンオイルや汚れを落とすのに使います。

チェーンオイル

冬の寒い時は固まってしまうので、

手で温めて、液体状にしてから使用してください。

ロードバイクを扱っているお店なら置いています。

※アマゾンの方が200円ほど安いなんて!

チェーン洗浄ブラシ

これはチェーンを洗うために使用するのですが、

真鍮製のブラシでも構いません。

私は真鍮製のブラシを使っています。

パーツクリーナーを受ける容器

食品トレーを綺麗に洗ってから使用しています。

ウェス

古い布などで代用してくださいね。


メンテナンス開始


パーツクリナーで汚れを落とす
まずはパーツクリーナーで汚れを落としていきます。

チェーンの下にトレーを当てて、

パーツクリーナを吹き付けていきます。

トレーに溜まっているのはチェーンの汚れです。

ある程度進むとトレーには写真のように

パーツクリーナーの液がたまります。

このまま続けてもいいのですが、

コストを少しでも抑えるために、

チェーンブラシの登場です。

ブラシにトレーの液をちょんちょんとつけて、

パーツクリーナーの液をチェーンに付け磨いていきます。

ウェスで汚れを取る
次にウェスでチェーンの汚れとパーツクリーナーの液がたれてしまわないように
拭きます。
ペダルを回しながら、
チェーンにウェスを当てて拭くとやりやすいです。
(ギアに布が挟まらないように気をつけてくださいね。)
チェーンオイルをつける
いよいよチェーンオイルをつけます。
冬場で固まってしまっている場合は手で温めて
液体にしてください。

チェーンを回転しながら、

オイルをつけていきます。

この時はどこからスタートしたか分かるように、

チェーンの丸い部分で一つだけ色の違う(黒っぽくて平らな)ところを

探してその部分からスタートしましょう。

仕上げ
最後に仕上げです。
ウェスでチェーンについている余分なチェーンオイルを拭き取っておきます。
(余分なチェーンオイルが付いているとそこに砂や埃がついて新たな汚れになります。)
チェーンのメンテナンスの知識として、
3000KMを目安にチェーンは取り替えましょう。
「すべてはうまくいっている。」
以上
安くて簡単!ロードバイクのチェーンのメンテナンスのやり方
でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    It’s not my first time to go to see this web site, i am visiting this web page dailly and get pleasant data from here daily.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。