ショップに頼む前に、自分でできるロードバイクのメンテナンス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

自転車界のスポーツカーである、ロードバイク。

しかし、普通の自転車と違いメンテナンスが重要になります。

実は、ロードバイクはメンテナンスが重要なために、

ママチャリと違って、メンテナンスの頻度が多いので、

そのことが、メンテナンスのしやすさにつながっているのです。

今日は、自分のロードバイクのメンテナンスを自分で行うために、

まず、自分でできることと、

ショップに任せた方がいいことについて

お伝えしていきます。

おすすめメンテナンスブック
おすすめメンテナンスブック(11速用)


これはお店に頼もう!


メンテンナンスの道具が高価で、しかも作業難易度が高いものがあります。

私もこれは自分で行いません。

それは、

BBの脱着と清掃

です。

BBはフレームのハンガーに強い力で締めこまれ、

ネジ山が変形することで強力に固定されているため、

原則的に一度外したものを再利用するのは望ましくなく、

交換時以外に脱着は滅多に行いません。

ショップにお任せするのが無難です。


自分でできるメンテナンス


自分でできるというより、

自分でやらないとというメンテナンスについて

お伝えします。

まずは、簡単なものからお伝えします。

チェーンの洗浄とオイルさし

チェーンの洗浄とオイルさしは

走行距離が200kmに一回行います。

その度にショップにお願いするのは

時間的にも費用的にも勿体無い!

パーツクリーナーとオイル、ウエス、ブラシがあるとできます。

パーツクリーナーはホームセンターで売っているので

そちらで買いましょう。

200〜300円ほどで売っています。

僕が愛用しているオイルはこれです。

タイヤの空気圧

これも自分で行ってください。

2週間に1回は空気を入れないといけません。

タイヤも風船と同じです。

使わなくても、時間が経てば空気は抜けていきます。

空気圧が低下すると、

パンクしやすくなるのでこまめにチェックしましょう。

また、ロードバイクの空気入れは専用のものを使用しましょう。

チェーンの交換

チェーンの交換にはチェーンカッターが必要になります。

ただし、チェーンカッターがあれば簡単にチェーンの交換ができるので、

是非チャレンジしてください。

チェーンカッター

タイヤ交換・タイヤのチューブ交換

 パンクの場合、タイヤチューブを交換します。

それには力とコツがいるのですが、

自分で行えます。

タイヤレバーという工具が必要になります。

安い!


ちょっと難易度や道具が必要になりけど挑戦してみよう!


バーテープの交換

わたしはバーテープを上から下に巻いていきます。

見た目が綺麗になるのでいつもそうしています。

ブレーキシューの交換

六角という道具が必要になるのですが、

自分で行えます。

カセットスプロケットの着脱と洗浄

この道具が必要ですが、

外すのと、つけるのが出来ればとても簡単な作業なので、

これも自分で行いましょう。

ただし、道具なしではできませんので、

お買い求めください。

ケーブルの交換

ケーブルの交換もかなり簡単なので、

自分で行いましょう。

やってみるとできることって結構多いので、

挑戦してみてください。

「すべてはうまくいっている。」

以上

 ショップに頼む前に、自分でできるロードバイクのメンテナンス

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Howdy just wanted to give you a quick heads up.
    The words in your article seem to be running off the screen in Opera.
    I’m not sure if this is a format issue or something to do with
    browser compatibility but I figured I’d post
    to let you know. The layout look great though! Hope you get the
    problem fixed soon. Thanks

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。