サブスリーやサブフォーの走力は?自分の現在のレベルと目標が分かる!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンで、自分が一体どれくらいのスピードで走ることができるのか。

ほとんどの人が自分の走力に合っていない目標を立てがちです。

本当はかなり走ることができるのに、

謙遜して、目標を低く設定してしまっているランナーや

ちょっと無理な目標を設定してしまい、

途中でオーバーペースになってかなり記録を落としてしまうランナー。

実は、とりあえずの基準というものが存在するって知っていました?

私もつい最近知ったのです。

今日はそのマラソンの目標となる走力の基準についてお伝えします。

  1. サブ5
  2. サブフォー
  3. サブスリー

サブ5
フルマラソンで5時間を切ることをサブ5と言います。
その走力ですが、
まず、
1500mは8分45秒
3000mは18分25秒
5000mは31分21秒
10kmは65分20秒
ハーフマラソンは2時間24分40秒
サブフォー
フルマラソンで4時間を切ることをサブフォーと言います。
その走力ですが、
まず、
1500mは6分54秒
3000mは14分41秒
5000mは25分12秒
10kmは52分17秒
ハーフマラソンは1時間55分55秒
サブスリー
フルマラソンで3時間を切ることをサブスリーと言います。
その走力ですが、
まず、
1500mは5分4秒
3000mは10分52秒
5000mは18分49秒
10kmは39分1秒
ハーフマラソンは1時間26分22秒
ちなみの他の基準も上げておくと
サブ3、5(フルマラソンで3時間30分を切ることを言います。)
1500mは5分59秒
3000mは12分47秒
5000mは22分2秒
10kmは45分43秒
ハーフマラソンは1時間41分18秒
高速ランナーの領域に入ると
サブ30(フルマラソンで2時間30分を切ることを言います。)
1500mは4分13秒
3000mは9分2秒
5000mは15分42秒
10kmは32分35秒
ハーフマラソンは1時間11分56秒
データの一番最速値も載せておきます。
フルマラソンを2時間1分10秒で走るランナーの場合。
(速すぎる!)
1500mは3分23秒
3000mは7分14秒
5000mは12分37秒
10kmは26分19秒
ハーフマラソンは57分50秒
です。
このデータはアメリカのランニングコーチの
ジャックダニエルズ氏が提唱している
VDOT
というものです。
その距離をフルマラソンのペースで走るというものではなく、
もし、フルマラソンでこのタイムで走る人がいると、
短い距離のレースでは、だいたいこれくらいのタイムを出す走力が
あるという目安になります。
あくまで目安ですので、
一喜一憂せず、
「なるほど」
というくらいの目安にしてください。
その人の筋肉の特性や走るフォームによっても異なってくるので、
参考程度に考えましょう。
「すべてはうまくいっている。」
以上
サブスリーやサブフォーの走力は?自分の現在のレベルと目標が分かる!
でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    bookmarked!!, I love your blog!

  2. minecraft より:

    Thanks for the good writeup. It in fact was a entertainment account it.

    Glance complex to far delivered agreeable from you!
    However, how could we be in contact?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。