夜の明石駅前でしか食べれない。噂の屋台のホットドッグ 桜井

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

隠れた名店シリーズ。

今回は夜にしか食べれない気になるお店です。

兵庫県明石市の明石駅の南の交差点に出展されている屋台。

「桜井」

さんに行ってきました。

ラーメンとホットドッグのお品書きに、惹かれていざ!

特にホットドッグにひかれる!

ちょっと怖そうな店主のおっちゃんが座っている。

おっちゃんの前にはホットドッグたちが整列している。

メニューには

ラーメン800円

ハンバーグ400円

ウィンナー400円

の文字が!

ハンバーグってなんだ?と思いながら、

おっちゃんに勇気を出して、

「ウィンナーください。」

そうすると、

おっちゃんは

「ウィンナーか?」

「うーん。」

ちょっと困った感じ。

俺、なんか悪いことしたのかなぁ。

数秒後、

おっちゃんが

「あった。あった。」と

調理がスタート!

「どっから来たんや?」

「神戸の◯◯です。」

と答えると、

おっちゃんが

「そっから、ようさんお客さんが来てくれてるねん。」

話す表情から、なかなか優しそうなおっちゃん!

「うちのラーメンは食べたことある?」

「いや、今日が初めてで。」

と答えると

「うちのラーメンはスープが美味しいねん。」

「チャーシューも入れてるけど、ほんまはスープと麺だけで美味しい。」

「また、食べてみ。」

とおっちゃん。

「ホットドッグもウィンナーでもハンバーグでも美味しいねんけどな、

どっちでもええねん。キャベツとパンが美味しいねん。まあ、どっちか言うたら

ハンバーグの方がオススメやわな。」

ということは、俺はオススメじゃないウィンナーの方を注文してしまったのか!

と、後悔しつつ、

すべては経験、経験。

と気持ちを切り替えて、ホットドッグが焼き上がる(温められる)のを

待つ。

雪がちらついていて、かなり寒い。

注文前にも2人のお客さんがラーメンをすすっていて、

そのお客さんが帰った後も、

20代くらいのカップルがやってくるなど、

お客さんは途切れない。

常連さんが多い感じである。


ホットドッグと対面!


いよいよホットドッグちゃんとの対面!

寒空にこの温かさがいい。

食べてみると、確かにパンとキャベツがいい!

ウィンナーの存在感は大きくない!

おっちゃん正直やわー

パンのどこかなつかしく、

くせになる味がいい。

飲み会の後の小腹を満たすには持ってこいですな。

このテーブルで食べます。

雪がチラついてたのでかなり寒い。

次回はラーメンとハンバーグにも挑戦したいと思います。

「すべてはうまくいっている。」

以上

夜の明石駅前でしか食べれない。噂の屋台のホットドッグ 桜井

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Having read this I believed it was rather enlightening.
    I appreciate you spending some time and energy to put this
    information together. I once again find myself personally
    spending a lot of time both reading and commenting.
    But so what, it was still worth it!

  2. minecraft より:

    Ahaa, its nice dialogue about this piece of writing at this place
    at this website, I have read all that, so now me also commenting here.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。