2020年、小学校の英語教育が変わります。我が子は大丈夫?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2020年から英語教育が変わります。

これはもう、決定されたことなんです。

どのように変化するのかをお伝えします。


今までとどう変わるか。


今までとどう変わるかというと、

2つの変化があります。

1つ目は5・6年生が英語活動から、

英語教育になります。

そして、今まで英語活動がなかった3・4年生に英語活動が入ってきます。

2つ目は英語教育になった分、

授業時間数が増えます。


英語活動から英語教育になると何が変わる?


この変化は実は大きいのです。

英語活動「外国語活動」は、外国の文化に親しみ、外国語に慣れるというのが目的でした。

つまり、楽しく遊びながら英語を好きになっていこうというスタンスです。

文法や単語を覚えたり、書いたりすることはほとんどなく、ゲームや挨拶の中で英語を使っていく感じです。

英語教育「外国語教育」になると、文法や単語も覚えることになります。

つまり、中学の時の英語により近い状態になります。


授業時間数が増えると


授業時間数が増えると、

他の教科の時間は変更されませんので、

単純に授業時間が増えます。

各教育現場はどう対応するか協議中ですが、

どのようになるにせよ、

授業時間が増えます。

「すべてはうまくいっている。」

以上

2020年、小学校の英語教育が変わります。我が子は大丈夫?

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。