飲み会の特上ネタ!人気アニメと世の中の流れがリンクしてる!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

飲み会の多いこのシーズン!

飲み会で使える話題=どの年代の人も共通する話題

この話題を何個持っているかが大切です。

飲み会=コミュニケーションをする場

なので、ただテレビやラジオを聴くように食ってるだけでは

いけません。

あなたがエンターティナーなのです。

あなたがみんなを盛り上げるのです。

そして、そのエンターティナーがどんどんリレーのように

参加者全員が話題の中心になり、

集団の帰属感を持つことができた飲み会が

最高の飲み会なのです。


歴代人気アニメの歴史


歴代人気アニメの元祖は何と言っても、

60代50代が夢中になったのが

「巨人の星」

でしょう。

続いては、50代40代が夢中になった

「機動戦士ガンダム」

が入ってきます。

そして、30代40代が夢中になった。

「ドラゴンボール」

ですね。

そして、現在は何と言ってもちびっ子から40代までもがはまっている

「ワンピース」

でしょう。


巨人の星の時代


巨人の星は、星飛雄馬が父親の星一徹により、

野球の英才教育を受けて、

プロ野球選手になるというストーリーであるが、

この父親の星一徹がすごい。

ちゃぶ台はひっくり返すは、

息子を叩くは、

息子に養成ギブスをつけて運動させるは、

現代で行うと

即、虐待で児童相談所で一時保護されるレベルである。

しかし、51年前の作品です。

これが、注目を集めるし、

父親にしばかれるのは特に問題はない。

しばいて子供を強く育てるのが美学とされている風潮を感じます。

きびいしい父とそれに従う家庭像が描かれています。


機動戦士ガンダム


今から38年前に放送されたのが

「機動戦士ガンダム」

です。

主人公アムロがシャー率いるジオン軍と戦うというストーリー展開です。

敵役のシャーの人気が高いという特徴があります。

このガンダムで名ゼリフが時代を物語っているんです。

アムロの

「親父にもぶたれたことないのに。」

そう、この名ゼリフ。

つまり、時代は変わり、父親が拳で育児をする時代が終わったことを

告げています。


ドラゴンボール


ドラゴンボールは

主人公の孫悟空が様々な強敵と戦うストーリーなんですが、

悟空はちちと結婚します。

しかし、「悟空さは働かんと、修行ばっかだ。」

とちちに言われるように、

育児には参加せず、

仕事に専念する父親像が伺えます。

バブルの時代。

とにかく仕事をすることが大事だし、

仕事をすることで、高額な給料が手に入ったこの時代背景が

表されています。

今では、考えられません。

悟空のような仕事ばかりで、家庭を顧みなかったら、

即、離婚て言われそうです。


ONE PIECE


主人公のルフィが仲間とともに海賊王になるべく、

ひとつなぎの大秘宝 ワンピースを求めて旅をするストーリーです。

ワンピースは仕事ではなく、

仲間意識やつながりを描いています。

現代の若者が求める、物質的に豊かな暮らしではなく、

コニュニティーなどの仲間意識に価値を置いた内容となっています。

仲間との心のつながりを大切にしている様子を

感動的な物語の展開で進めています。

現代の若者は、人のために役に立つことに

喜びを見出す人が多いのも納得できますね。


まとめ


アニメだけでも、

世の中の流れがわかりますね。

これを飲み会のネタのひとつにして話をすると

盛り上がること間違いなしです。

ちなみに他にもアニメの名作はたくさんあります。

アタックナンバーワン

明日のジョー

ハイジ

フランダースの犬

ルパン三世

ゲゲゲの鬼太郎

北斗の拳

リボンの騎士

怪物くん

ずっと続いている

サザエさん

ドラえもん

昔懐かしの話で盛り上がってくださいね。

「すべてはうまくいっている」

以上

飲み会の特上ネタ!人気アニメと世の中の流れがリンクしてる!

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Oh my goodness! Amazing article dude! Thank you, However I am encountering
    issues with your RSS. I don’t understand why I can’t join it.
    Is there anybody having the same RSS problems?
    Anyone that knows the solution can you kindly respond?
    Thanks!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。