レースを支えるランニングシューズ!オススメシューズレポート

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

マラソンでシューズは命とも言えるアイテムになります。

シューズはどれも同じじゃないのと思っているあなた。

同じマラソンシューズでも、レベルや用途によって使い分けないといけません。

このチョイスを間違えがえてしまうととても困ったことになってします。

レース中に足が痛くなったり、

最悪の場合はケガや故障にもつながります。

今日は走る人それぞれにあったシュースを紹介していきます。

あくまでの私の個人的な使用感や感想なので、

それを踏まえた上で参考にしてください。


メーカーについて


メーカーはいろんなメーカーがあります。

会社の時価総額でいうとトップはナイキです。

続いて、アディダスです。

スポーツ用品メーカーはこの2つの企業が頭一つ抜けている状態です。

それを追いかけるように、

アシックス、プーマ、ニューバランス、ミズノ、アンダーアーマーなどのメーカーが

しのぎを削っている状態です。

今日は私が大好きなアシックスの製品についてお話していきます。


アシックスの何が好きかというと


かっこよさではナイキの方がかっこいいですし、

値段でいうと、アディダスの方がセール自体が多く値段の下がった製品を手に入れることが

できます。

「それじゃ、何でナイキやアディダスにしないの。」

そうですよね。

私がアシックスの何が好きかというと、

ズバリ、性能です。

私は体重が軽い方ではなく、膝に負担がかかりやすかったために、

故障をしないことが、初マラソンのシューズ選びのコンセプトでした。

いろんなメーカーを履いてみたのですが、

足が痛くならないためにはやはり、

定価10000円を超えるグレードじゃないと初マラソン前は

足が痛くなって練習を途中でストップせざるをえませんでした。

そんな時に出会ったのがアシックスのGT-2000でした。

ゲルが入っているので、膝にかかる負担は軽減され、

膝への不安は無くなりました。

また、しっかりと足をサポートしてくれているので足の着地の際のブレも

感じませんでした。

ずっとこのシューズを履いていたいと思う製品でした。

この経験からアシックスファンになりました。


どんどん他の製品を試してみたい


初マラソンを相棒のGT−2000で4時間30分で完走しました。

次のレースもGT−2000でサブ4を達成し、

3回目のレースもGT−2000でサブ4と自己ベスト更新をしました。

しかし、別れは突然訪れるもので、

3回のマラソンを走ったり、ロング走をこなしたりしたGT−2000。

カカトのところがすり減ったぐらいで、まだまだ使えそうだったんですが、

トレイルランニングをする友達と一緒に

山でトレーニングをすることになり、

野山を楽しく駆け抜けました。

山の下りも岩の上に飛び降りても最高のクッションで膝に負担を

かけないGT−2000。

こいつは最高やな。と山をおり、

道路に出た途端、

あっ!

突如体に違和感が走りました。

なんと、シューズの裏のかかと部分のエーハーに部分(滑り止めのゴム)

がなくなっている。

まあ、GT−2000はトレイルラン用ではないので、

使い方を間違えた自分を責めました。

ごめんよ〜GT−2000


新しいシューズ ゲルフェザーグレイド


そして、月日が経ち、

4回目のレースに向かうことが決まった時、

大好きなGT−2000を買いに行くと、

他にもいろんなシューズがありました。

アシックスが大好きなので、他のメーカーは目に入らなかったんですが、

僕の目に飛び込んできたのは、

GT−2000の前にかかっている看板。

「完走から4時間のランナー向け」

もうサブ4達成したし、サブ3向けのシューズを試してみるかな。

いやいや、もし、サブ3向けを買って、足がサブ3向けのシューズに

耐えることができんかったら困るで、やっぱりGT-2000やろ。

という葛藤が続きました。

が、しかし、

新しい物好きなので、

とにかく挑戦!

膝の負担も少なくて、GT−2000よりも速く走れるシューズを探しました。

探して出会ったのが

ゲルフェザーグレイドとターサージール

クッション性が高いのがゲルフェザーグレイドで、

クッション性を下げてよりスピード重視にしたのがターサージールでした。

ターサーもはきたかったけど、

自分の走力に自信がなかったので、

ゲルフェザーグレイドを購入しました。

クッション性やホールド感はGT−2000にはかないませんが、

なかなかいい感じ、

そして、4回目のレースはこのゲルフェザーグレイドで

なんとサブ3、5を達成しました。

翌年もレースに出場し、自己ベストを10分更新しました。

なかなかいいぞゲルフェザーグレイド!


新たなシューズとの出会い 


今シーズンを迎え、レースも決まり、再び練習を再開することになったんですが、

ゲルフェザーグレイドはクッション性が高く柔らかい印象が強い分

どうしても耐久性が下がってしまいます。

走り方もあるのかもしれませんが、

つま先の方の靴底が

かなりすり減ってしまいました。

トレーニング用とレース用を分けていたので、

ゲルフェザーグレイドはトレーニング用に回すとして、

新しいシューズを買わなければいけなくなりました。

いや、買わないといけない状況をあえて作り出しました。

そう考えていた矢先、息子の友達のパパと話していると、

そのパパもマラソンをしているらしく、

しかも、ベストタイムも私と一緒。

自然とシューズの話になり、

使っているシューズを聞くと、

ライトレーサー

でした。

ゲルフェザーグレイドよりもスピード重視になるシューズで

ネットのセールでかなり安くなっており、約4900円

めちゃ安い!!

とりあえず悩まずにネットでポチり!

履いてみると、クッション性はゲルフェザーグレイドよりもないんですが、

別に足が痛くなるわけではない、

硬いという印象があるんですが、

とにかく軽く、しかも、丈夫!

あまり底がすり減りません。

スピードもかなり出ます。

1キロ4:10のペースで十分に走れます。

30キロを走っても膝の負担もなくめっちゃ満足!

これで、レースは決まりだね。

と、思っていたのに、

どんでん返しの展開が・・・


ついに、浮気をしてしまいました。


アシックス一筋できた私ですが、

時間つぶしにスポーツ用品店に行った時にオススメされてしまったんです。

ナイキの

ズームフライを!

しかも、サイズは残り一つ!

全国でも品薄な商品。

ライトレーサー買ってるし、ライトレーサーめちゃいいしな。

でも、今買わないとこのナイキ ズームフライは手に入らない。

値段は定価16000円。

ライトレーサーがネットのセールなら3足買えて、後ランチ代まで付いてくる。

とりあえずやめました。

そうすると、店員の宮崎さんが

「一週間取り置きしておきます。お客様に履いてもらうのがシューズも喜びます。」

と、

そして、手渡されたものが(もしかして、携帯の連絡先なのか?私には妻と子供が・・・)

2足買うと10パーセントオフの割引券・・・

あ あ ありがとう。

そして、一週間以内にその店の近くにたまたま用事があるということで

これも縁だろうなと思い、5000円のお小遣いを使い、

16000円のナイキ ズームフライを購入。

カーボンプレートが入っており、自分の力以外の力を使える感じです。

しかし、ヒールストライクの着地のランナーには向いていません。


まとめ


初マラソンの方や、

メーカーにこだわりのない方や、

シューズはしっかりとしたものを買いたいと思っている方は、

アシックスで間違いはありません。

発マラソンやサブ4を目指す方、膝に不安がある方、トレーニング用にはこれ!


サブ3、5を目指す方や、ハードなコース設定のレースで足の負担を軽減したい方はこれ!

<

サブ3を目指す方やトレーニング用、30キロまでの速めのペース走にはこれ!





一度は履いてみたい憧れのシューズ!


「すべてはうまくいっている」

以上

「レースを支えるランニングシューズ!オススメシューズレポート」

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。