試合直前!自分をリラックスさせるためのマインドフルネス呼吸法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

試合前日の夜ってなかなか寝付けないことがあります。

そんな時に役に立つのが、マインドフルネス呼吸法。

今回はその中でも、リラックスに特化した呼吸法をお伝えします。


腹式呼吸でセロトニン


マインドフルネスにはいろんな呼吸法がありますが、

今回はリラックスすることに重きを置きます。

リラックスするためには、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの

分泌をさせることが大切です。

セロトニンを分泌させるためには、腹式呼吸を使っていきます。

基本的には横隔膜を動かすことで肺を膨らませたり、しぼませたりします。

横隔膜は意識しにく部分なので、

下腹を膨らませたり、凹ませたりします。

そのまま、眠りについてしまうことが多いので、

就寝準備をして、目覚ましをかけてから始めることをお勧めします。

それでは、はじめていきます。


マインドフルネス呼吸法


まずは、まぶたを閉じて、まぶたの裏をジーと見ます。

肺の中にある息をすべて吐いていきます。

ろうそくの火を消す感じで細く長く吐いていきます。

吐いた時に下腹はぺっちゃんこになります。

吐き終わったら、口を閉じて、息を吸い、下腹を膨らませます。

口を少し開け、細く長く息を吐いていきます。

下腹を凹ませます。

口を閉じ、鼻から大きく息を吸い、下腹を膨らませます。

これを何度も繰り返していきます。

この時、頭の中で、「明日の試合は・・・」

と考えてしまうのですが、

考えたところで、覚醒してしまったり、

アドレナリンが分泌されてしまうので、

考えが浮かんできたら、

浮かんだ考えを手放していきます。

呼吸に集中していくことが大切です。

しかし、頭に考え事は浮かぶのが普通なので、

浮かんだとしても、

「あっ、今考えてたな・・」

ぐらいに捉えてください。

あまり考えすぎると、覚醒して目が冴え始めるので・・・

呼吸に慣れてきたら、

続いて、体の上から、順に力を抜いていきます。

そして、自分が望んでいるイメージを思い浮かべて、

気持ちの良い感情を味わいます。

もうこの段階では、リラックスできているか、

もう寝てしまっているかのどちらかでしょう。

「すべてはうまくいっている」

以上

「試合直前!自分をリラックスさせるためのマインドフルネス呼吸法」

でした。

マラソンは長い。 2時間以上もの間、運動し続けなければいけません。 マラソンは休憩無しなんです‼️ そんな競技なかなかない...
初マラソンとは自分史上最大の冒険! マラソンは、とにかくシューズを履いて走ればいいという簡単なものではありません。 初マ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    Hello, i think that i saw you visited my blog so i came to go back
    the favor?.I am trying to find issues to improve my site!I guess
    its adequate to use some of your ideas!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。