KOBEマラソンに応援が来る人必見!絶対家族と目が合う応援場所5選

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

KOBEマラソンもいよいよ三日後になりました。

マラソンて孤独な自分との戦いなんです。

マラソンを走っている時の家族や仲間の応援って嬉しい!

家族や仲間からの応援は本当に元気をもらえます。

さっきまで、ヘトヘトだったのに家族や仲間からの応援で

気がつけば復活してるってことおおいにあります。

しかし、ランナーが2万人。

応援の人も同じ数か地域の人も入れるともっとたくさんの応援の人が

います。

ランナーを見つけるのは大変ですが、

応援の人をランナーが見つけるのは条件が揃えば結構簡単です。

今日は、ランナーが絶対に応援の人を見つけることができるお勧めのポイントを

お伝えします。


須磨浦公園駅付近


山陽電鉄須磨浦公園駅が最強と言える応援ポイントです。

なぜならば、駅近であるにもかかわらず、人がほとんどいない。

人がいないが歩道もありランナーとの距離もかなり近く、

見通しも良いのでランナーは絶対沿道で立っている人を確認できます。

しかも、この須磨浦公園駅の良さはそれだけではありません。

駅の近くには公園や売店、トイレもあり、

寒い時には「TOOTH TOOTH」やガストがあるので、

ランナーが来るまでの間、店内であったかい飲み物を飲みながら、

過ごすことができます。

往路だけでなく、復路も駅の前をランナーが通るので、

移動しなくても、2回応援することができます。

駅の南がすぐに国道2号線になり、その国道2号線をランナーが走っているのです。

少し東に歩くとトンネルがあり、国道2号線の南側に行くことができます。

景色も良く、海や淡路島を眺めることができます。

買い物をするショッピングセンターはないものの

絶対に直接応援メッセージを伝えたい。

直接顔を見て応援したいという方には、絶好のポイントです。


地下鉄湾岸線 中央市場前駅


ここは35キロ付近になります。

もう、ランナーが気力だけで走ってる状態なので、

この駅で、応援されたら、本当に頑張れるポイントです。

しかも、人がかなり少ないので、ランナーが普通に応援している人を見れますし、

駅の南の橋の上であれば絶対にわからないということはありません。

しかも、近くに飲食店や中央市場もあるので、寒さをしのいだり、

トイレに行ったりと、困ることも少ないです。

ただし、デメリットとしては、

復路しか通らない。

地下鉄湾岸線なので、ゴールのポートアイランド市民広場前までに行くまでに

乗り換えがあるため、ゴールに間に合わない可能性が出てくることです。


地下鉄湾岸線 苅藻駅


苅藻駅は苅藻駅の東に御崎公園駅があり、

御崎公園駅にはウィングスタジアムがあり、この周辺の人たちの多くは

御崎公園駅に行くため、苅藻駅周辺はほとんど混みません。

しかも、苅藻駅で応援した後、ゴールのポートアイランド市民広場前を目指せば

時間的にもゴールの瞬間を見ることができます。

ただし、苅藻駅周辺は目印が乏しいので、

応援する人が目立つよう服装を工夫しておくと良いです。


山陽電鉄 東垂水駅


このポイントも人が少ないポイントです。

しかも、南に公園があり、トイレにも困りません。

ただし、往路、復路ともに通過するのですが、

道の南側にしか歩道がないため、往路は応援しにくいというデメリットがあります。

復路はとても応援しやすいので、山陽電鉄で移動する場合、復路で東垂水駅に下車できそうな場合はお勧めのポイントです。


今年からのポイント

山陽電鉄 西舞子駅


今年から、折り返しのポイントが西に移動しました。

以前は、舞子駅で折り返しだったんですが、

今年は西舞子駅の西側で折り返しとなります。

新しいポイントとなるので、混み具合は未知数ですが、

選手との距離が近いのでお互いに確認しやすいポイントと言えるでしょう。

往路は歩道が国道2号線の南側にしかないので、

駅のホームから声援を送るしかできず、小さなお子さんがいる場合や安全面から見ても

あまりお勧めできません。

しかし、復路は歩道があるので、応援しやすいです。

「すべてはうまくいっている」

以上

「KOBEマラソン直前!絶対ランナーから見える駅から1分の応援場所」

でした。

オススメの記事

KOBEマラソンに応援がくる方必見‼応援しやすい場所8選

神戸マラソンのコースは東西の折り返しのコースになります。 駅の近くを走るのですが、場所によってJRや地下鉄、地下鉄湾岸線、山陽...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。